きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「赤潮被害」「観光再生」「生活再建」…北海道民の関心事に候補者はどう応える?"道7区から12区"では

政治 社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

 北海道では12の選挙区に32人、比例北海道ブロック単独で10の政党と政治団体の16人の、計48人が立候補を届け出ました。北海道民の声に候補者はどう応えるのでしょうか。

釧路・根室地方の道7区

 釧路・根室地方の道7区です。

 自民・前職と、立憲・新人、共産・新人の3人が立候補しています。

 根室市の有権者:「前浜のウニは赤潮の影響。心配だ。原因は赤潮で自然のことだから」

 釧路市の有権者:「(イクラが食べられなくなるが)困ることになると思います。対策は早くしてもらえれば一番いい。漁業者のみなさんがうまくいくようにいけばいい」

 赤潮の問題など地域を支える一次産業をどう守っていくのか…

 自民 前 伊東 良孝 候補(72):「数万匹におよぶサケの被害、さらにまた50億円近いウニの被害。災害復旧にも匹敵する赤潮対策をこれからしていかなければならない」

 立憲 新 篠田 奈保子 候補(49):「この地域のこと足元の課題、労働者の課題、暮らしの課題。しっかり真摯(しんし)に受け止めそれを一つ一つ丁寧に解決をする政治をどうかさせてほしいんです」

 共産 新 石川 明美 候補(70):「道東沿岸の赤潮の問題もあります。沿岸の漁業者が来年も再来年も意欲をもって取り組める新たな支援策こそ求められています」

函館市など渡島地方と檜山地方の道8区

 函館市など渡島地方と檜山地方の道8区は立憲・前職と、自民・元職が4度目の対決です。

 函館市の有権者:「飲食店の補助はあるが、観光施設の手当も一切ない。観光の店、土産店は日本全国大変だと思う」

 函館市の有権者:「北海道を食糧の基地にしてもらいたい」

 函館市の有権者:「消費、お金を落としてもらう。外国の観光客が早く戻ってくるのを望んでいる」

 疲弊した観光地…地方経済をどう立て直すかが課題です。

 立憲 前 逢坂 誠二 候補(62):「様々な対応策を進めてまいりましたけれども、政府の対策は不十分であります。落ち込んだ経済、立て直さなければなりません」

 自民 元 前田 一男 候補(55):「ワクチン接種証明書など様々なツールを活用し、安全でそして安心して観光やビジネスに行けるような状況を作ってまいります」

  • みんテレ