きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

SNSで知り合った女子高校生といかがわしい行為…「児童相談所」の24歳職員の男を"懲戒免職" 札幌市

事件・事故 社会 友だち追加

職員の懲戒免職処分を発表した札幌市

 札幌市は10月19日、SNSで知り合った16歳の女子高校生といかがわしい行為をしたとして逮捕された札幌市児童相談所の24歳の男性職員を懲戒処分としました。

 懲戒免職処分となったのは、札幌市子ども未来局児童相談所の職員、藤森柊容疑者(24)です。

 藤森容疑者は8月25日から27日までの間、SNSで知り合った16歳の女子高校生の自宅で、女子高校生と2度にわたりいかがわしい行為をしたとして、北海道青少年健全育成条例違反の疑いで9月15日に逮捕されました。

 藤森容疑者が警察へ自首し事件が発覚していて、警察の調べに「自分の性欲を抑えることができなかった」と容疑を認めていました。

 札幌市の聞き取りにも全面的に容疑を認めていて、「情けないし許されない行為」などと、反省を示しているということです。

 札幌市は担当していた相談業務は適切に行っていたとする一方、信用失墜行為や、全体の奉仕者としてふさわしくない非行に該当するとして、10月19日付で懲戒免職処分としました。

 児童相談所の山本健晴 担当局長は、「本来児童を守るべき児童相談所の職員がこのような不祥事を起こしたことについて、深くお詫び申し上げます。今後は職員の服務規律の確保の徹底に取り組み、職員一人一人が公私に関わらず札幌市職員としての自覚を持って行動するよう指導し、市民の皆さまの信頼回復に向けて努めてまいります」とコメントしています。

  • みんテレ