きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「コロナ対策どうする」「住みやすい地域の未来を作るためには」…"北海道1区・3区"の候補予定者は

政治 道内経済 友だち追加

 異例の短期決戦となる衆議院選挙は10月19日公示され、本格的な舌戦がスタートします。

 10月18日は札幌が選挙区となる1区と3区の最新の情勢をお伝えします。候補予定者に密着して直接訴えを聞いてきました。

立憲 前職 道下 大樹氏

 札幌市中央区などの道1区です。自民党・前職の船橋利実さん。立憲民主党・前職の道下大樹さん。日本維新の会・新人、小林悟さんの3人が立候補を予定しています。

 八木 隆太郎 キャスター:「時折冷たい風が吹く中ですが、朝から地下鉄琴似駅のすぐそばに道下大樹さんの姿があります。地盤の西区琴似エリアで訴えを続けています」

 立憲 前職 道下 大樹氏:「このコロナ対策の海外の事例を踏まえて、まずはPCR検査の徹底や海外からウイルスの流入を防ぐ」

 新型コロナ対策のほか、教育環境の充実や子育て支援にも力を入れてきた道下さん。

 元衆議院議長 横路 孝弘 氏:「私、横路孝弘です」

 前回、元衆議院議長 横路孝弘さんの後継者として地盤を受け継ぎ初当選しました。

 立憲 前職 道下 大樹氏:「こういう顔のポスター見たことない?まだまだですね」

 気持ちを落ち着かせたいときに行うというのが「ごみ拾い」です。

 八木 隆太郎 キャスター:「道下さん自身は、この4年これをやった、ここを評価してもらいたいのは?」

 立憲 前職 道下 大樹氏:「JR北海道の国の支援について、10年間延長する法案をずっと訴え続けて、法案を成立させたこと実現できたことは1つの実績」

 旧社会党時代からの地盤、道1区。

 今回も解散翌日に党の枝野代表が、早速応援に駆けつけました。

 立憲 枝野 幸男 代表:「しっかりとこのコロナ、リバウンドを許さず、痛んでしまった暮らしと経済を立て直す」

 コロナ禍で疲弊した経済の立て直しをどうするのか。まず取り組むべきは「所得の分配」だと訴えます。

 立憲 前職 道下 大樹氏:「分配を行った上でのその先の成長を目指している。成長と分配、二兎を追っては1つも得られない」

  • みんテレ