きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

甘えん坊だけど"おてんば娘" 喫茶店でお客さんの心を癒やす真っ白な看板犬【金曜日のわんこ】

コラム・特集 友だち追加

 「金曜日のわんこ」。今回は、喫茶店でお客さんを癒やす真っ白なわんこです。

 北海道釧路市の喫茶店「珈琲館ぐるめ堂・ノスタルジィ」。レトロな雰囲気のインテリアと道産食材にこだわったスイーツやコーヒーなどを楽しめるお店です。

 店の一角にいるのは眠っている白いわんこ。看板犬のスミレちゃん(2歳・メス)です。

色素を作る遺伝子がなく、目は見えず、耳は聞こえないスミレちゃん

 珈琲館ぐるめ堂 ノスタルジィ 澤目 博志さん:「甘えん坊なんですけど、すごく強気でおてんば娘ですね」

 スミレちゃんは、生まれつき色素を作る遺伝子がありません。目は見えず耳も聞こえないのです。そのため、匂いや振動を頼りに動いたりごはんを食べたりします。

 ブリーダーの多頭飼育崩壊によって保護されたスミレちゃん。2年前に譲渡会で店主の澤目さんと出会い、ノスタルジィにやってくることになりました。

2年前に譲渡会で店主の澤目さんと出会った

 珈琲館ぐるめ堂 ノスタルジィ 澤目 博志さん:「スミレが来たことによって、今まで来ていたお客さんでもスミレ見たさに頻度が上がって、面倒みに来てくれる」

 お客さんは注文した品が出てくるまでの時間や帰り際に、スミレちゃんとたわむれます。

スミレちゃんとたわむれるお客さん

 客:「かわいいです、美人さんで」

 スミレちゃんはきょうもお店でたくさん人の心を癒やします。

たくさんの人の心を癒やすスミレちゃん

 みんテレでは、北海道内で活躍する犬や猫の情報を募集しています。

 メールアドレスminna@uhb.co.jpへ

 皆様からの情報をお待ちしています。

  • みんテレ