きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「北方領土から泳いできた」ロシア人男性の難民申請"不認定"…審査請求し収容先の入管センターから出所

政治 社会 友だち追加

 8月に北方領土・国後島から北海道へ泳いで渡ってきたと話し、入管施設に収容されていたロシア人の男性が仮放免され、出所していたことがわかりました。

 ロシア国籍のワースフェニクス・ノカルドさん(38)は8月19日、北海道標津町の駐在所の前にいたところを保護され、その際「亡命のため北方領土の国後島から20キロ泳いできた」などと話していました。

 ノカルドさんは難民申請をしていましたが、その後入管が不認定としていたことがわかりました。

 ノカルドさんは不服を申し立てる「審査請求」をしていて、当面ロシアへ送還されることはありません。

 10月には一時的に入管施設の収容を解く「仮放免」が認められていて、収容されていた茨城県牛久市の「東日本入国管理センター」から出所したということです。

 9月、札幌出入国在留管理局の面会室で取材に応じたノカルドさんは「8月18日早朝、国後島からウエットスーツを着用して約24キロの距離を23時間かけて泳いできた」と話し、「プーチン政権に嫌気がさした。監視に我慢できなかった。ロシアだけはやめてくれ。送り返さないで欲しい」と訴えていました。

 出入国在留管理庁によりますと、2020年の日本の難民認定率は約1.2%だということです。

  • みんテレ