きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

“赤潮”被害 イクラやウニが高騰 「時短解除なのに」寿司店は悲鳴…値段そのままで量は半分に

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 影響は札幌市の飲食店にまで広がっています。北海道東部を中心に続く、赤潮が原因とみられる漁業被害が止まりません。

 サケ漁船に同乗し、その実態を取材しました。

 10月15日から時短要請が解除され、通常通りの営業が復活する札幌市中央区の「回転すし 活一鮮」。しかし、頭の痛いことが。

 回転すし 活一鮮 佐藤 いわお 社長:「原料を確保するのが大変な状況」

 赤潮が原因とみられる漁業被害の影響で、イクラやウニが品薄となっています。生産者からは悲鳴が。

イクラやウニが品薄

 木村漁業部 木村 太朗さん:「毎日沖に出るのが不安。恐ろしく心配しかない」

 かつてない漁業被害。影響はどこまで広がるのでしょうか?

 終盤を迎えている秋サケの定置網漁。午前4時に、北海道東部の白糠漁港から出漁した船に同乗しました。

北海道東部の白糠漁港から出漁した船に同乗

 この漁船では、9月下旬から水揚げしたサケ約600匹が死ぬ被害に見舞われました。赤潮が原因とみられています。

 10月14日に水揚げされたサケで死んでいたのは1匹でした。

死んだ魚はえらの部分が白く

 10月中旬以降、海水の色が澄んできたといいます。しかし…。

 田中 うた乃 記者:「先ほどまで透明だった水が、にごってきたのがわかります」

 場所によっては赤潮がみられます。こちらの漁船が10月14日に水揚げしたサケは約400キロ。例年の同時期の1トンを大幅に下回ります。

 木村漁業部 木村 太朗さん:「漁獲量が少なく、さらに赤潮でダブルパンチ」

例年の同時期の1トンを大幅に下回る

 深刻な被害に加え、風評による二次被害も心配しています。

 木村漁業部 木村 太朗さん:「他の魚も悪いのではないかとイメージがつくのが心配で不安」

 白糠漁港では、水揚げ時に生きている魚と死んでいる魚を選別し、死んでいるものは肥料にするなどの対策をとっています。

木村漁業部 木村 太朗さん

 今回の赤潮の原因の一つが「カレニア・セリフォルミス」というプランクトンでした。これによる赤潮の発生は日本で初めてです。

  • みんテレ