きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「まだ食堂開けているの? 」非難の声に負けず…札幌の"子ども食堂" 切り替えた"弁当"で支援つなぐ

コラム・特集 友だち追加

 衆院選を控えていますが、あなたが政治家に届けたい声は何でしょうか?

 今回は、「コロナ禍の子育て世帯に支援」について考えます。地域の居場所が開けなくなったことによる孤立、そして経済的な苦境が追い打ちをかけるなか、支援に奮闘する人の声を聞きました。

 食堂スタッフ:「こんにちは~」(2019年の様子)

 札幌市豊平区平岸にあるビルの1階で5年前、子ども食堂として始まった「みんな食堂」。

 月に一度、地域の人たちが集まってみんなでご飯を食べていました。

 ビルの向いにあるコミュニティラジオ局・FMアップルの塚本薫さんが始めました。

コミュニティラジオ局・FMアップルの塚本薫さん

 みんな食堂を運営 塚本 薫さん:「ぜひ、また!ご飯作りたくないときに来て、みんなで」

 お母さんにとっては月に1回夕食づくりから離れ、子育て世代同士で話すことができる場所でした。

 利用の女性:「子どもたちと私だけだと、怒ってしまうことが多いけど、ここにいると、みんな温かい目で見てくれる」

子育て世代同士で話すことができる場所

 しかし、新型コロナウイルスの影響で2020年2月から休止しています。

 みんな食堂を運営 塚本 薫さん:「みんなでご飯を食べたのは…もう2年前。長いですねぇ」

 食堂の再開を模索しましたが、「思わぬ反応」に戸惑いました。

 みんな食堂を運営 塚本 薫さん:「地域の人から『こんな時にまだ(食堂を)開けてるの』とか(コロナ禍で)集まっているという周りからの圧力」

 母親たちとのつながりを守るために始めたのが、お弁当の配布です。

母親たちとのつながりを守るために始めたお弁当の配布

 みんな食堂を運営 塚本 薫さん:「さびしいよりも心配。大丈夫なのかな、みんなっていう思いがすごくあって」

 連絡が取れなくなってしまった親子もいるといいます。

 みんな食堂を運営 塚本 薫さん:「全然連絡が取れない。食堂がなくなって、さびしがって不安がっていたお母さんが、少しでも会って話ができるようにと弁当を私が持っていったらどうかなと」

 10家庭ほどにお弁当を届け、子どもたちの様子も確認します。

  • みんテレ