きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

21人感染北海道 "2日ぶり"前週上回るも2日連続「重症者0」…札幌の飲食店の時短要請は終了決定

社会 友だち追加

感染者情報を発表した北海道

 北海道は10月13日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された21人中、北海道発表分2人の詳細を発表しました。

 13日は死者の発表はありません。感染者は札幌市で13人、旭川市5人、函館市1人が確認され、あわせて21人です。

 感染者が10人を上回るのは9日連続ですが、50人を下回るのは17日連続です。

 北海道全体で2日ぶりに前週の同じ曜日を上回りました。1週間前の水曜日の31%増、札幌市は同じでした。

 3度目の緊急事態宣言が解除され13日目。水曜日としては3週連続で50人を下回りました。

 人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は北海道「2.5人」、札幌市「4.4人」で、北海道は「まん延防止等重点措置」の目安「15人」を28日連続、札幌市は21日連続で下回りました。

 北海道発表分として新たなクラスターは確認されていません。


【10月13日北海道発表分の感染者情報】
 ▼石狩地方:1人
 ▼後志地方:1人

 ●年代
 ・30代~90代以上

 2人が入院中(宿泊療養施設含む)です。

 13日の北海道内での新たなクラスターは、札幌市などでも確認されず、計「0」でした。

 21人中、約半数の10人の感染経路が不明で、重症者は2日連続で「0」となりました。

 政府は19都道府県に発令した「緊急事態宣言」と、宮城・岡山など8県への「まん延防止等重点措置」を期限を迎える9月30日で全面解除しました。

 北海道は札幌市を「重点地域」とし、飲食店の酒類の提供再開を認める一方で、午後8時までの「時短営業」を10月14日まで要請(酒類提供は午後7時30分まで)。第三者認証を受けた店は午後9時まで(酒類提供は午後8時まで)とします。その他の地域は飲食店へ「時短要請」はしませんが、1グループ4人以内とし、札幌市や感染拡大の都府県との不要不急の往来自粛などを10月31日まで求めています。

 北海道は13日の対策会議で、札幌市の飲食店に要請している「時短営業」を14日で終了させることを決定しました。31日まで感染対策に取り組みながら、15日以降は「GoToイート」や「新しい旅のスタイル」などの経済活動を再開させることになります。

 北海道内の感染者は、計60474人となりました。

  • みんテレ