きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

飲食店の「時短要請」10月14日で終了…GoToイート&宿泊・交通料金割引も再開 部活動も制限緩和へ

社会 道内経済 友だち追加

 北海道は10月13日、新型コロナ対策で札幌市内に出されている飲食店への時短要請などの措置を10月15日から解除することを決めました。暮らしはどう変わるのでしょうか?

 解除が決まった札幌市に出されている飲食店への「時短要請」。

 鈴木 直道 北海道知事:「時短要請は14日をもって終了とします。厳しい経営状況の中で長期間にわたるご理解とご協力に感謝します」

 10月1日から札幌の飲食店では酒類提供を午後7時30分まで、営業時間を午後8時までとすることなどを要請していましたが、感染者数が落ち着いていることから解除を決めました。

 一方、飲食店は4人以内で短時間の利用、会話はマスク着用などの制限はそのままです。

 秋元 克広 札幌市長:「冬に向けて再び感染が拡大することも懸念されます。基本的な感染対策の徹底を改めてお願いしたい」

 紅葉が見ごろを迎え、秋の観光シーズンを迎えた道内。

 お得な旅行の割引やイベントの制限緩和、感染対策との両立はどう変わるのでしょうか。

札幌市の飲食店の「時短制限」はようやく終了

 札幌市内の飲食店では14日まで「酒類提供」、「営業時間」の短縮の要請がされていましたが、15日以降は制限がなくなります。

商業施設や観光施設の感染対策も14日で終了

 さらに以下の要請も14日で終了します。
・百貨店などの入場整理
・観光施設などの午後9時以降の消灯
・部活動の「活動を厳選して実施」の条件

経済活動を続々再開へ

 そして15日からは経済活動に重きを置いた政策が再開されます。

・「Go To イート」:お得な食事券を「店内利用」も可能に
・「新しい旅のスタイル」:旅行代金の割引(14日正午から予約受け付けを開始)
・「ぐるっと北海道」:鉄道やバス運賃の割引

 北海道は今後も飲食店では4人以内・短時間で、会話時のマスク着用や、イベントの人数制限は継続して要請し、感染対策を呼びかけています。

  • みんテレ