北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

札幌市の飲食店の「時短要請」10月14日で終了決定…約5か月半ぶり全道で"時短解除"に 北海道

社会 道内経済 友だち追加

北海道の対策会議(2021年10月13日午後3時すぎ)

 北海道は10月13日の感染症対策本部会議で、札幌市で10月14日までとしていた「特別対策」を予定通り終了し、15日から31日までは引き続き感染拡大防止に取り組むことを決定しました。飲食店に出されていた「時短要請」も終了することになります。

 13日の北海道内の新規感染者は21人で、減少傾向が続いています。

 札幌市の人口10万人あたりの1週間の新規感染者数も4人台が続いていて、「重点地域」としての対策は終了することを決めました。

 これにより、これまで札幌市の飲食店への「時短要請」や、大規模集客施設での入場整理などの対策、屋外広告ライトアップの消灯などの要請は終了します。

 北海道内で飲食店などへの「時短要請」が解除されるのは、北海道独自の時短要請が出される前の4月26日以来約5か月半ぶりです。

 北海道内では4月以降、5月に緊急事態宣言、6月にまん延防止措置、7月からは北海道独自の対策、8月に再びまん延防止措置から緊急事態宣言、10月から北海道独自の対策が続いていました。

 15日から31日までは以下の対策に移行します。

【15日以降の対策】
・混雑している場所や時間を避けて少人数で行動
・感染拡大の都府県への不要不急の移動を控える
・飲食は4人以内、短時間で大声を出さず、会話時にマスク着用
・飲食を主としている店舗ではカラオケ設備の利用をしない

 感染拡大防止に取り組みながら、経済活動を再開していきます。

●「新しい旅のスタイル」
 北海道内6つのエリア内での旅行を割引し提供
 予約・販売期間:10月14日正午~11月14日
 割引対象期間 :10月15日~11月15日

●「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」
 北海道内6つのエリア内での公共交通を利用を割引販売
 実施期間:2022年3月末まで
 

●「Go To イート」
 10月15日から全道域で「店内利用」を再開
 利用は4人以下、2時間以内
 (これまでのテイクアウト、デリバリー限定を緩和)
 販売期限:11月15日
 利用期限:12月15日

 鈴木知事は、「(感染が再拡大した)昨年秋の経験を踏まえ、感染対策の徹底が重要」としたうえで、他県より速い冬の到来に備え、医療提供体制の点検・強化など万全の準備を進めるよう指示しました。

  • みんテレ