北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

サウナ×アクティビティ「サウナツーリズム」 北海道観光復活の"カギ"となるか

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 ブームが続くサウナ。北海道内でも趣向を凝らしたものが増えています。

 そんな中、各地でサウナを観光資源にという動きが広がっています。コロナ後を見据え北海道観光復活のカギとなるのでしょうか?

 客:「最高のサウナ」

 客:「大自然の真ん中で寝られる」

 釧路湿原が広がる北海道東部の標茶町。ここにしかないサウナが誕生しました。

 八木 隆太郎 キャスター:「釧路湿原の涼しげで開放的な景色が広がっていて、大自然の中で気持ちがすっきりとします」

 今、北海道内でサウナを観光に生かす動きが広がっています。

 ワインの熟成樽を使った甘い香り漂う「ワイン樽サウナ」。

 世界遺産・知床と、冬には流氷を見ることができる「流氷ビューサウナ」。

 これらを目当てに、周辺を旅するサウナツーリズム。

 一方、自治体が旗振り役になるところも。

 当麻町 村椿 哲朗 町長:「サウナバスを作った」

 アフターコロナを見据え、サウナは北海道観光復活のカギとなるのでしょうか?

”SL”がコンセプトのサウナ

 人口約7300人、北海道東部の標茶町。釧路湿原の雄大な自然に恵まれ、酪農が基幹産業の町です。

 JR釧網線の塘路駅を臨むゲストハウス「THE GEEK」。

 オーナーの達川慶輔さんが東京でのサラリーマン生活に幕を引き、2020年オープンしました。

 標茶町の自然に惚れこんだのです。

 THE GEEK 達川 慶輔さん:「SLがさっそうと駆けていく。こんな美しい自然が残っている場所が、まだ日本にあったのか。裸でサウナに入って、見知らぬ人と話す空間。コロナ禍ではあるが、それが落ち着けば」

 コロナ禍で失われつつあった人のつながり。裸の付き合いができるサウナには様々な垣根をなくすだけでなく、共にストレスを発散し、赤の他人同士でも一瞬でつながりを感じられる力があると言います。

 そんな達川さんこだわりのサウナ。

 コンセプトはこの土地ならではのものでした。

 THE GEEK 達川 慶輔さん:「ドアノブも汽車で使われるものをイメージ。丸窓などいろいろな仕掛けを用いて、サウナというよりSLの車窓からの眺めのような空間づくりをしている。ヒノキの湾曲したサウナベンチは、チェーンソーで3週間かけて作った。水風呂へのアプローチは、フィンランドのサウナ後に湖に飛び込むイメージ」

  • みんテレ