きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

輸入牛肉の高騰「ミートショック」が家計を直撃 牛バラ肉“2倍近く”に…コロナ禍で流通量減少

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 肉の値上がりが続いています。「ミートショック」と呼ばれる輸入牛肉の高騰が家計を直撃。飲食店でも値上げの動きが。原因は何なのでしょうか? そして、今後の値動きは?

 三上 侑希 記者:「時間がない、お昼といえば牛丼ですよね。松屋の『牛めし』が値上げです」

 大手牛丼チェーンの松屋が、9月28日から看板メニューである牛めしを値上げ。並盛は320円から380円に、大盛は430円から530円になりました。

松屋では看板メニューの「牛めし」を値上げ

 背景にあるのが輸入牛肉の高騰です。アメリカ産牛バラ肉の卸売価格は2021年4月から上がり始め、8月は前年の2倍近くになっています。

牛バラ肉の卸売価格は2倍近くに

 炭火で香ばしく焼き上げられる牛肉のステーキ。ステーキチェーン店「炭焼ステーキ BEEF IMPACT」では、9月に約7.4トンの外国産牛肉を仕入れました。

 大東エンタープライズ 木村 和好さん:「高いもので2~3割ぐらい仕入れ値が上がっている」

輸入牛肉の仕入れ値が1kg当たり約200円上がった

 夏から9月にかけ1キロ約200円仕入れ値が上がりました。輸入牛肉を使うことでリーズナブルな価格設定が人気ですが、今後は苦渋の選択も…。

 大東エンタープライズ 木村 和好さん:「何とか価格は据え置きたいが、今後仕入れ値が上がるなら一部メニューの値上げも検討。原価の圧迫で厳しい状況」

 輸入牛肉の高騰「ミートショック」の原因は何なのでしょうか? 食肉事情に詳しい宮崎晋一さんに聞きました。

 北海道食肉事業協同組合連合会 宮崎 晋一 専務理事:「産地であるアメリカやカナダやオーストラリアで、コロナの影響で人員不足となり生産できない。オーストラリアでは干ばつなど、天候の変化が影響」

 さらに、こんな要因も。

食肉事情に詳しい宮崎晋一さん

 北海道食肉事業協同組合連合会 宮崎 晋一 専務理事:「中国の景気が良くなるにつれて、大量に牛肉を輸入するようになった」

 「ミートショック」の影響は飲食店だけではなく、食卓にも及んでいます。札幌市厚別区の「ホクノースーパー中央店」では、9月から牛バラ肉100グラム約120円を約200円に値上げしました。

 買い物客:「値段が上がるのは厳しいですよね」

 買い物客:「輸入の割に高いと思います。それなら国産のものを買った方がいい」

  • みんテレ