きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「PCR検査受けに」上司に"うそ"10日間休暇を取得…自衛隊員を懲戒処分「業務進まず出勤に抵抗が」

事件・事故 社会 友だち追加

防衛事務官が勤務する陸上自衛隊上富良野駐屯地 (C)Google

 休暇を不正に取得し10日間欠勤したとして、40代の男性自衛隊員が懲戒処分となりました。

 停職10日の懲戒処分を受けたのは、陸上自衛隊上富良野駐屯地業務隊に所属する40代の男性防衛事務官です。

 防衛事務官は3月29日から4月7日までの間、休暇を不正に取得し正当な理由なく10日間欠勤しました。

 自衛隊によりますと、防衛事務官は上司に受検の予定がないのに「新型コロナウイルスのPCR検査を受けに行く」、「発熱がある」などと事前に複数の理由をあげて休暇を取得していました。

 不審に感じた上司が休暇後に防衛事務官に再度確認したところ、虚偽の休暇の申請だったことが発覚したということです。

 自衛隊の聞き取りに防衛事務官は「担当業務が進まず出勤に抵抗があった」などと話しているということです。

 陸上自衛隊は9月30日付で停職10日の懲戒処分とし、防衛事務官は依願退職を申し出ているということです。

  • みんテレ