きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【コンサドーレ】クラブ初“高校2年生”西野奨太がプロ契約…GMも「高校生レベルを超えている」と期待

スポーツ 友だち追加

クラブ初となる現役高校生でのプロ契約を果たした西野奨太選手

 サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌は9月30日、U-18所属のDF西野奨太選手(17歳、北海道札幌市出身)のトップチーム昇格を発表しました。現役の高校2年生がプロ契約選手となるのはクラブ史上初めてです。

 西野選手は小学3年生からコンサドーレのアカデミーに在籍し、キャプテンの宮澤裕樹選手(32)が目標、「札幌ドームで活躍する姿をサポーターの方にいち早く見せられるように」と意気込みます。

 “現役高校生”Jリーガーとなった西野将太選手。オンラインで取材に応じた1問1答は次の通りです。

 Q.トップチーム昇格が決まった感想ー

 「(プロ生活に)不安な気持ちは特にない。本当に嬉しい気持ちとビックリした気持ちが半々くらい。より責任と覚悟を持ってサッカーに取り組もうという気持ち」。

 Q.どんなところが評価されたと思うかー

 「自分の長所は対人のところだとずっと思っていて、U-18に入ってから伸びていると自分でも実感していた。攻撃面もずっと課題として取り組んできた中で徐々に良くなっていったところが評価されたのかなと思っている」。

 Q.どういったプレーでチームに貢献していきたいかー

 「対人プレーやボールを運んで攻撃的なプレーをしたいと思っている。(ディフェンス)最終ラインの3枚(3つのポジション)ならどこでもやれると思っている。ビルドアップをどれだけ安定してできるか、あとはロングボールが今のトップチームの攻撃の起点でもあるので、キックの質はこれからどんどん上げていきたい」。

 ◇三上GMも高い評価

 西野選手の昇格について三上大勝GMは「高校1年生のはじめから将来が期待できる選手だとアカデミースタッフと共有していたが、高校2年生になってからの成長率は正直、我々クラブサイドが考えているよりも非常にスピーディーだと感じていた。既にクラブの評価としては“もう高校生のレベルを超えてしまっている”という印象」と話しトップチームを率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督が「毎回、(トップチームに)来るたびに成長している」と感想を漏らしていたことも明かしました。

 【西野奨太(にしの・しょうた)選手プロフィール】
2004年5月28日生 北海道札幌市東区出身
身長:181cm 体重:73kg
背番号:47
ポジション:DF
所属:北海道コンサドーレ札幌U-12~U-15~U-18~北海道コンサドーレ札幌
代表歴:U-17日本代表(2021年)

  • みんテレ