北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

2か月ぶりの営業再開に入り混じる"期待と不安"…第三者認証には疑問の声も 専門家「飲食時の対策を」

社会 道内経済 友だち追加

 北海道内で「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が発令されない状態となるのは2か月ぶり。 

 飲食店や観光地で営業再開に向けた準備が始まっています。

 約2か月間に渡って休業してきたススキノの飲食店。 

営業再開を心待ちにしていたススキノの飲食店も

 10月1日の解除でようやく営業を再開できそうです。

 牡蠣処AZUMASI 湊 竜太 店主:「うれしいですよね、営業が再開できるというので、素直にうれしい。やっと営業できる」

 心待ちにしてきた営業の再開。しかし、新たな制度「第三者認証」には疑問があります。

 牡蠣処AZUMASI 湊 竜太 店主:「(緩和は)30分ですよね。その30分は本当に意味があるのかな。一番お酒が出る時間は午後9時とか10時なので、その時間まで営業できないのはやっぱり厳しい」

 営業再開に期待が高まる一方、不安も募ります。

 札幌のススキノで74年飲食店にお酒を卸してきた青柳酒店の店主・青柳正幸さんも、同じ気持ちで解除の日を迎えようとしています。

ススキノの酒店も「期待と不安」

 青柳酒店 青柳 正幸さん:「あしたから解禁になるので取引先に電話しますよね。そうしたら営業はやめる方向で考えているという人もいる」

引き続き「休業」する店もあるという…

 「解禁ですぐに元には戻らない」。長い営業自粛要請は繁華街に想像以上のダメージを与えています。

 同じく「外出自粛要請」で苦しんできた観光業界も動き始めました。

 札幌観光バス 佐藤 圭祐 常務:「修学旅行の仕事がほとんどなくなったのがようやく戻ってくるかな。10月からは徐々に正常化するのかなという期待を持っています」

 感染拡大の影響で、売り上げが例年の1割ほどまで落ち込んだ観光バス会社。

修学旅行の再開でようやく「観光バス」も動き出す

 修学旅行も再開、延期していた大型バスの運転を体験できるツアーなども準備していて、バスもようやく動き出しそうです。

 一方で、宣言解除を喜んでばかりはいられない事情も…。

 旭山動物園 坂東 元 園長:「長い期間、本来なら人がいる環境なのに、動物はリズムで1年1年覚えていますから、ふいに何の気配もなくなるというのも、刺激のない時間になる」

 休園していた旭川市の旭山動物園も営業を再開しますが、来園者が急に戻ることで、動物たちのストレスになる心配があるといいます。 

  • みんテレ