北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「10月は助走期間」"宣言"の解除前に札幌市長理解訴える…動物園や図書館は再開 地下鉄も通常ダイヤへ

社会 道内経済 友だち追加

 緊急事態宣言解除を前に、札幌の秋元市長は9月30日会見を開き、「10月の1か月間は行動制限の緩和に向けた助走期間」と位置づけ、解除後も感染対策を徹底するよう求めました。

 秋元 克広 札幌市長:「北海道が示した措置の中身は、10月1日から2週間経過して数字が悪化していなければ制限を解除すると明確にうたっている。一人一人の行動が、制限緩和をスムーズに進めることにつながる」

 秋元市長は9月30日の会見で、本格的な行動制限の緩和に向けて、緊急事態宣言が解除される10月1日以降も、引き続き感染対策を徹底するよう求めました。 

 北海道内では30日、新たに26人の感染が確認されました。 

9月30日の新規感染者は「26人」

 札幌の新規感染者数は低水準で推移していて、9月29日現在の入院患者は71人、重症者は1人と医療体制への負荷が抑えられています。 

 市は10月1日から円山動物園や図書館など市有施設を再開し、市営地下鉄や路面電車も通常運行に戻すことにしています。

札幌市では飲食店の「時短要請」を2週間実施

 北海道は10月1日から31日まで「秋の再拡大防止特別対策」として感染対策に独自に取り組みます。

●飲食店
・札幌市は10月14日まで
 営業時間:午後8時まで
 酒類提供:午後7時30分まで
 ※第三者認証で緩和

・札幌以外は時短要請なし

●移動
 感染リスクがない場合は「原則可能」

●部活動
 原則可能(札幌市は人数や場所などを厳選)

  • みんテレ