きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

10月は北海道「独自対策」を継続…酒類提供を緩和 飲食は4人以内で "部活動"再開へ 方針案まとめる

社会 道内経済 友だち追加

独自の対策案を検討している北海道

 政府が、北海道の緊急事態宣言を9月30日で解除することを決めたことを受けて北海道は、札幌市に独自対策を要請する方針を固めました。

 北海道は、10月1日~31日までを「秋の再拡大防止特別対策」として独自の対策を行うとともに、札幌市を14日まで「重点地域」と位置づけて対策を強化する方針です。

 北海道がまとめた方針は以下の通りです。

【10月1日~31日:対象は全道】
・外出時に混雑している場所や時間を避け、少人数で行動
・札幌市との不要不急の往来を自粛
・帰省や旅行の際、5人以上の会食を自粛

 飲食は4人以内などの人数制限を求めるほか、事業者側にも複数人で来店した場合同じテーブルでの利用を4人以内とするよう求める方針です。


【10月1日~14日:対象は重点地域の札幌市】
・不要不急の外出・移動の自粛を要請
・午後9時以降の外出自粛

・飲食店の営業時間:午後8時まで(酒類提供は午後7時30分まで)
・複数人で入店した場合、同じテーブルでの利用を4人以内に

 北海道が感染対策が十分だと認めた「第三者認証」の飲食店は、営業時間を午後9時まで、酒類提供を午後8時まで可能とする方針です。

・イベント
 無観客を除き午後9時まで
 感染対策が徹底されない場合の酒類提供は午後8時まで

・大規模な集客施設:入場整理など
・観光地や繁華街でのライトアップや屋外広告など:午後9時以降消灯を要請

・学校の部活動:時間や人数などを制限した活動を要請
・修学旅行や運動会などの学校行事:感染リスクの高い活動を慎重に検討し、旅行先の受け入れの可否を確認して実施

 また、道立施設は入場整理を行った上で利用を可能とする方針です。

 北海道はこれらの対策を9月29日の対策本部会議で、正式に決定する方針です。

  • みんテレ