きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

札幌市"飲食店は午後8時まで"…「第三者認証」の店はプラス1時間 酒類提供時間も設定へ 知事方針示す

社会 道内経済 友だち追加

 北海道の鈴木直道知事は9月28日、政府が9月30日で緊急事態宣言を解除することを決めたことを受け、北海道の対策の方針を示しました。

 札幌市とそれ以外の地域を分け、札幌市で飲食店の営業時間を制限します。詳細は以下の通りです。

●札幌市(重点地域)

【時短要請】
・酒類提供:午後7時30分まで
・営業時間:午後8時まで

※第三者認証の店は下記の通り
酒類提供:午後8時まで
営業時間:午後9時まで

 これらは10月14までの2週間を徹底する期間とします。


●札幌市以外
・営業時間の短縮要請せず
・同一グループ、同一テーブルは原則4人まで

 10月いっぱい早期の再拡大を防ぐ期間として取り組んでいきたいとしています。

 この案を29日の北海道の対策本部で専門家に示し、対策を正式に決定したいとしています。

 感染状況が落ち着いている中で札幌市での対策を継続する理由を鈴木知事は、「解除により人の流れが活発になり早期に感染者が増加することを懸念する。急激な再拡大を防ぐためには段階的に緩和する必要がある。事業者も利用者も理解してほしい」として、協力を求めました。

  • みんテレ