きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

コロナ禍の吹奏楽部 小学生11人「部活動制限」の逆境乗り越えて見事決めた"金賞" 次なる目標へ

コラム・特集 友だち追加

 新型コロナウイルスの感染拡大で部活動が制限される中、たった11人の吹奏楽部がコンクールで金賞を受賞しました。コロナ禍の部活動と子どもたちの思いを取材しました。

 北海道木古内町にある木古内小学校吹奏楽部。部員はたったの11人ですが、2021年8月、函館地区大会で金賞を受賞し、札幌で開催される全道大会への出場が決まりました。

部員たった11人の木古内小学校吹奏楽部

 しかし、大会直前、新型コロナウイルスが猛威を振るいました。

 北海道教育委員会 倉本 博史 教育長:「国は本道の感染状況を踏まえて緊急事態措置を決定した。部活動については高体連等が主催する全道、全国に直結する大会に出場する部活動に限定し、それ以外は休止する」

 北海道教育委員会のこの措置は波紋を広げました。

 北海道医療大学 塚本 容子 教授: 「緊急事態宣言下は多くのエリアから人が集まるような大会は避けるべき」

 木古内小学校 小田 将之 校長:「地域から子どもを札幌に行かせることに、不安の声はいくつかきていた」

 果たして緊急事態宣言下の部活動はどうあるべきなのでしょうか…

 「ワン、ツー、ワンツー。はい。はい。では続いて」

 木古内小学校 吹奏楽部顧問 五十嵐 大 先生:「(楽器を)吹かない時はマスクをして換気して。ペアでやらせたいが(距離が)近くなるし目が届かなくなる。1人で教室でやらせている」

 全校生徒111人の木古内小学校。緊急事態宣言下で練習に励むのは吹奏楽部の11人。

コロナ禍での部活動にストレスを感じている生徒たち

 コロナ禍での部活動に、生徒たちはストレスを感じています。

 6年生(トランペット)松井 十彩さん:「練習する時間がすごく減った。合わせる時間もなくなったのがすごく嫌でした」

 6年生(クラリネット)川口 琉花さん:「感染対策をしながら楽器を吹くことが大変なので不安でした」

 木古内小学校 吹奏楽部顧問 五十嵐 大 先生:「ゆっくりでいい、ゆっくりでいい。何回もやって間違ってばかり」

 4年生(パーカッション)松井 彩之助くん:「(Q楽器が多くて大変?)はい、大変といえば大変です。(テンポが)速い時もあるし、ちょっとだけ間がある時もあるので、速い時はすぐに移動しなければいけないのでそれが大変」

 部の中で唯一の男子で、12種類の楽器を担当するパーカッションの松井彩之助くん、4年生。

  • みんテレ