きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「世界を変えたい」目指すは"ペットボトル"完全循環…地域企業も巻き込む 高校生たちの挑戦

コラム・特集 友だち追加

 SDGs「持続可能な社会の実現」に向けて、17の目標が掲げられています。

 今回は13番目の「気候変動に具体的な活動を」と17番目の「パートナーシップで目標を達成しよう」。

 主役は高校生たち。私たちの生活に欠かせないペットボトルを再生させていくため、地域の企業を巻き込んだ活動を始めました。

多くが別の製品になるがいずれ廃棄される現実

 私たちの暮らしに欠かせない「ペットボトル容器」。回収されたあとどうなるか、知っていますか?

 市民:「わからない…」

 多くが別の製品になり、いずれは廃棄される現実。そんな中、ペットボトルとして再生させようというアクションを起こした高校生たち。イベントの入場料をペットボトルに。企業への働きかけも。

 豊かな未来を守りたい。高校生たちの挑戦です。

 札幌市内のオフィスビル。 

 札幌市と北海道江別市の高校生たちがプレゼンテーションに挑みます。

 「ペットボトルの完全循環」を目指す活動を後押ししてほしいと訴えました。

 立命館慶祥高校2年 海老根 憲伸さん:「小学6年ごろから環境に興味を持ち、地球温暖化に脅威を感じていた。世界を変えたいと思っています」

札幌市と江別市の高校生らが「ペットボトルの完全循環」を訴える

 日本で生産されるペットボトルは、年間約245億本。

 日本国内の回収率は93%にものぼります。その行方は?

日本国内の回収率は93%にのぼる

 市民:「ビニール袋とか?」

 市民:「おもちゃですか?」

 市民:「同じようなペットボトルですか?」

 国内でペットボトルがペットボトルとして再生産されるのは、12.5%に過ぎません。

ペットボトルからペットボトルに再生産されるのはわずか…

 多くは食品トレイや卵パックなどに再生され、不要になると焼却せざるを得なくなります。

 ペットボトルとして再生できれば、貴重な資源を循環していくことができる。 

 高校生たちの取り組みは2020年から始まりました。

 2021年夏に開いた環境問題を考えるイベントの参加費はペットボトルにしました。

  • みんテレ