北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【カーリング】北京行きの切符つかみにいざオランダへ…12月の五輪最終予選出場3チーム

スポーツ 友だち追加

カーリングミックスダブルス日本代表の谷田康真と松村千秋 写真(C)JCA IDE

 9月20日に北海道稚内市で最終日が行われたカーリングのミックスダブルス日本代表決定戦。優勝した「松村・谷田」は日本代表のユニホームに袖を通し次のようにコメントしました。

松村千秋選手―
 「前回(2020年)、日本選手権に勝ったときには世界選手権に出られなかったので、(日本代表ユニホームを)着る機会がなかったが、今回は12月に出られそうなのでうれしい」。
 ※2020年のミックスダブルス世界選手はコロナ禍の広がりで大会中止だった

谷田康真選手ー
 「ようやく2人で、このジャパンのユニホームを着て世界に挑戦することができるようになった。オリンピック目指して世界最終予選、頑張りたい」。

 2022年2月の北京冬季五輪で行われるカーリング競技は3種目。これで出場を目指す日本代表3チームが出そろいました。

 ◇北京五輪を目指す日本代表
 男 子:コンサドーレ(松村雄太、阿部晋也、谷田康真、清水徹郎、相田晃輔)
 女 子:ロコ・ソラーレ(藤澤五月、吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、石崎琴美)
 混合複:松村・谷田(松村千秋、谷田康真)

 日本カーリング協会は北京冬季五輪に挑む日本代表を2020年と2021年の日本選手権を連覇したチームと決めていました。

 この規定のもと男子のコンサドーレは2021年2月の段階で代表が決まり、2大会の優勝チームが異なった女子とミックスダブルスは9月に北海道稚内市で代表決定戦が開催されました。

 女子の代表決定戦はそれぞれの年の優勝チーム、ロコ・ソラーレと北海道銀。ミックスダブルスの決定戦は松村・谷田組、吉田・松村組に加えワールドツアーランキング日本勢最上位の竹田・竹田組の3チームが熱戦を展開しました。

 代表決定戦の結果、北京五輪を目指す日本代表が出そろいましたが、日本は3種目のいづれでも北京五輪の出場権を獲得していません。代表に決まった3チームは12月にオランダで行われる世界最終予選で出場権獲得を目指します。

 ◇カーリングの北京五輪世界最終予選
 開催地:オランダ・ルーワルデン
 ミックスダブルス 12月5日~9日 出場14チーム 残り2枠
 男子、女子とも 12月11日~18日 出場男女各9チーム 残り枠各3

 ミックスダブルスで日本代表を争った吉田・松村は4人制の日本代表、2種目での代表は逃しましたが4人制での五輪出場権獲得へ決意を新たにしていました。

 松村雄太選手(コンサドーレ)
 「この大会で学んだことは滅茶苦茶多くて、自分に生かせるものが沢山あった。チームショットの大事さをより勉強することができた。それは4人制でもつかえることができると思う。持ち帰ってよりチームをレベルアップしたい」。

 吉田夕梨花選手(ロコ・ソラーレ)
 「4人制では専門色の強いポジションだが、(今回のミックスダブルスでは)いろいろなショットを投げて、あらためて他のポジションのすごさ、難しさを本当に痛感した。今、私が感じている難しさ、楽しさ、他のポジションの重要性、見え方を共有できたならと思っている」。

 前回の平昌五輪で銅メダルを獲得した女子は長野以来6大会連続、男子は2大会連続3回目、そして2018年の平昌から正式種目となったミックスダブルスは日本勢初の五輪出場を目指します。

  • みんテレ