きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

36人感染北海道 約2か月半ぶり40人下回る…「緊急事態」後2日連続で最少 7日ぶり新クラスターゼロ

社会 友だち追加

感染者情報を発表した北海道

 北海道は9月21日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された36人中、北海道発表分5人の詳細を発表しました。

 21日は死者の発表はありません。感染者は札幌市で26人、函館市1人、小樽市4人が確認され、あわせて36人です。

 40人を下回るのは34人だった7月6日以来、約2か月半ぶりで、緊急事態宣言の発令後で最も少なくなりました。感染者が100人を下回るのは6日連続で、28日続けて前週の同じ曜日より減少しました。1週間前の火曜日の約60%減、札幌市は約49%減と、大幅に減少しました。

 3度目の緊急事態宣言の発令26日目で延長9日目。火曜日としては2週連続で100人を下回りました。

 人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は北海道「10.1人」、札幌市「17.4人」で、北海道は「緊急事態宣言」の目安「25人」を13日連続で下回り、札幌市は9日連続で目安を下回りました。10万人あたりの療養者数は札幌市が「28.8人」となり、国のステージ4の指標「30人」を再び下回りました。

 北海道発表分として新たなクラスターは確認されていません。

【9月21日北海道発表分の感染者情報】
 ▼石狩地方:1人
 ▼渡島地方:1人
 ▼上川地方:1人
 ▼釧路地方:2人

 ●年代
 ・10歳未満~50代(30代以下4人)

 このうち3人が入院中(宿泊療養施設含む)で、2人は調整中です。

 21日の北海道内での新たなクラスターは札幌市などで確認されず、7日ぶりに「0」でした。

 36人中、10人の感染経路が不明で、重症者は前日と変わらず18人。札幌市は前日と変わらず7人です。重症者は4日連続で20人を下回りました。

 政府は21都道府県に9月12日まで発令していた「緊急事態宣言」を30日まで延長。宮城と岡山は「まん延防止等重点措置」に移行しましたが、19都道府県で宣言を継続中です。

 北海道は札幌市、旭川市、小樽市、石狩地方を「特定措置区域」とし酒類を提供する飲食店へ「休業要請」、その他の地域の飲食店には「時短要請」とし、公共施設の休館、高校は午後4時で完全下校を継続。それ以外の区域での酒類の提供時間を30分緩和し、午後7時30分までとするなどの対策を決定し、協力を呼びかけています。

 北海道内の感染者は、計59810人となりました。

  • みんテレ