きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「学びたい人の希望」北海道初の"公立夜間中学校"札幌に開校へ…友達や行事 大切なもの取り戻す学び舎に

コラム・特集 友だち追加

 いじめや不登校、戦争や病気など様々な理由で義務教育を受けることができなかった人たちが学べる、北海道初の公立夜間中学校が、2022年4月札幌市に誕生します。

 学ぶことは生きること。学校は多くの人の希望になっています。

 中学校に通う日を心待ちにしている人がいます。

 吉野 太さん(57):「これを持って通うんだなと思いながら、夢を見ながら毎日」

 北海道内初の公立夜間中学校の開校が半年後に迫ります。病気やいじめ…様々な理由で十分な義務教育を受けることができなかった人たち。

 バングラデシュ出身:「勉強がしたいです」

 勉強したい、友だちを作りたい。学び舎は心の星。その名は「星友館」です。

 吉野 太さん(57):「店員さん、会計をお願いします。きゅうりとなすも」

 近所の八百屋で買い物をする札幌市の吉野太さん、57歳。

入院生活で義務教育を受けることができなかった吉野さん

 生まれつき脳性小児まひで足に障害がありました。足の機能を回復するため、小学1年生から24歳までの18年間にわたる入院生活で、義務教育を受けることができませんでした。

 字を読むことが苦手で、看板や役場の書類など様々な場面で壁にぶつかりました。

 吉野 太さん(57):「文字がわからないからえらい苦労したことがある」

 どうしても勉強がしたい。3年前、北見市から札幌市に引っ越し、自主夜間中学校「遠友塾」に通っています。

自主夜間中学「遠友塾」

 吉野 太さん(57):「ここに来るようになったら、ちょっとだけでも自分で(文字を)読めるようになった。『お~読める!』って。前にちょっとだけでも進んでいる、その1個ずつ、少しの進歩がめちゃめちゃうれしい」

 通う人たちは様々です。戦時下の混乱や貧困で十分に学ぶことができなかった人たち。現在はいじめや不登校で昼間の学校に通えない子どもも加わり、学ぶ場としての1つの選択肢になっています。さらに、外国人の生徒も増えてきました。

 バングラデシュ出身:「自分の国にいると母国語で全部できるんですけど、私たちは(日本の)学校に行って勉強をしていないからわからない。使い方も難しいんです。勉強したいです」

  • みんテレ