きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

NOW O.A
11:20 ガイド
MENU CLOSE
検索

「短絡的で衝動的」"核のごみ"処分めぐり町長宅に火炎瓶投げつける…78歳男に懲役3年の判決 函館地裁

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道後志地方の寿都町長の自宅に火炎瓶を投げ火をつけようとした男に懲役3年、執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。

 寿都町の無職、東田敏雄被告(78)は2020年10月、片岡春雄町長の家に自作した火炎瓶を投げつけ火をつけようとした現住建造物等放火未遂などの罪に問われていました。

 函館地裁で開かれた判決公判で、榊原敬裁判長は「町長の核のごみを巡る方針に不満を抱き、議会に出席させないよう犯行に及んだのは、短絡的で衝動的で非難を向けざるを得ない」と指摘しました。

 その一方で、「町長を負傷させたりなどを計画していたとは考えにくく、町長も厳しい処罰を求めていない」として、東田被告に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。

  • みんテレ