きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「十勝ワイン」仕込み始まる 収穫量400トン以上 品質も"平年より上質" 出来に期待 北海道池田町

友だち追加

 実りの秋を迎えるなか、北海道十勝地方の池田町では、「十勝ワイン」の仕込み作業が始まっています。

 池田町では9月15日から、地元特産の「十勝ワイン」の仕込み作業が始まりました。

 赤ワイン用には池田町産の「清見」(きよみ)、白ワイン用には後志地方仁木町産の「モリオマスカット」が使われ、従業員が選別した後、機械で果汁にされ、発酵させるためのタンクへ運び込まれます。

 2021年は、7月以降の高温と長い日照時間がブドウに好影響を与え、収穫量、品質とも平年を上回っていて、上質な仕上がりが期待できるという事です。

 池田町では合わせて400トンから450トンのブドウを仕込む予定で、作業は10月末まで続きます。

  • みんテレ