北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

北海道の"秋の味覚"に異変 「イクラ」が高騰 去年の2倍になったワケ…一方で大漁の魚も

道内経済 コラム・特集 友だち追加

サケのかわりに大量のブリ

 本来、北海道沿岸を回遊するブリは秋の海水温の低下とともに南下しますが、海水温が高いためとどまっているとみられます。

 この日はサケ170匹に対し、ブリは80匹ほど。

 最近はサケに反比例するように、ブリの漁獲量が増えています。

サケに反比例するように増えるブリの漁獲量

 札幌市西区の「鮮魚鯔背」でもブリを扱っていますが…。

 来店客:「北海道でブリなんて取れなかった。北海道の人はブリを上手に調理して食べられない」

 この時期、北海道内ではあまり出回らないブリに客も困惑気味。どうやって食べるのがおいしいのでしょうか。

どうやって食べるのがおいしい?

 鮮魚鯔背 小野 真さん:「出始めは刺身。鮮度がよければ食感や、脂ではない楽しみ方がある」

出始めは刺身がオススメ

 旬の冬と比べるとまだ脂が乗り切っていないといいますが…。

 安野 陽介 ディレクター:「歯ごたえがぷりんぷりん。脂のりがよくないというが、十分のってるように感じる」

 鮮魚鯔背 小野 真さん:「これから徐々に脂がのってくる」

 秋も深まる頃にはさらに脂のりがよくなり、焼いても煮てもおいしいといいます。温暖化で秋の味覚も変化しそうです。

  • みんテレ