きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

共謀してうその「持続化給付金」申請させた知人が"自首"し発覚…100万円給付 指示した19歳男逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

詐欺の疑いで男を逮捕した北海道警白石署

 共謀して新型コロナウイルスで収入が減った事業者に支給される「持続化給付金」をだまし取ったとして、19歳の男が逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、北海道札幌市中央区に住む自称・ホストクラブ従業員の19歳の男です。

 男は知人と共謀の上、新型コロナウイルスにより減収した個人事業者を対象に最大100万円を給付する「持続化給付金」の虚偽の内容の申請をし、2020年7月29日ごろ、中小企業庁から現金100万円をだまし取った疑いが持たれています。

 警察によりますと、男は知人に指示を出してうその内容の給付金申請を行わせていて、知人が自首をして事件が発覚。1年以上たった2021年10月18日に逮捕されました。

 警察は男の認否を明らかにしておらず、余罪も含めて詳しく調べることにしています。

  • みんテレ