きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【速報】札幌市60人超見通し…10日連続2ケタ「緊急事態」延長3日目 30代以上"集団接種"予約再開

社会 友だち追加

UHB 北海道文化放送

 札幌市で9月15日、新型コロナウイルスの新たな感染者が60人を超える見通しであることがわかりました。

 100人を下回るのは10日連続で、前週の98人を下回る見通しです。22日連続で前週の同じ曜日以下になりそうです。8月27日から3度目となる「緊急事態宣言」が発令され20日目で延長3日目。感染者は減少傾向が続いています。

 人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は9月14日は「24.3人」で、「緊急事態宣言」の目安となる「25人」を2日連続で下回りました。

 3日連続で25人を下回ることになります。

 札幌市では9月14日は、新たなクラスターは確認されていません。

 クラスターとは別に、市内1つの小学校で学級閉鎖となり、学校での感染確認が続いています。

 札幌市の使用病床数は9月13日時点ですぐに対応できる566床中210床、約37%で40%を下回り、病院以外の宿泊施設や自宅で療養・待機している人は9月14日時点で512人と、前日より128人減り1000人を6日連続で下回りました。

 北海道全体の感染者数は、9月14日は2日連続で2ケタとなり、21日連続で前週の同じ曜日を下回りました。死者は1人確認されています。

 緊急事態宣言は当初12日までの予定で、発令前の7日間の1日あたりの感染者数は札幌市で264人。北海道で487人。直近1週間は札幌市68人、北海道123人となっていて、いずれも約74%減少していますが、6月に緊急事態宣言が解除された6月20日の感染者は、札幌市38人、北海道52人となっていて、いまも高水準にあることがわかります。

 札幌市は9月15日から30代以上を対象とした集団接種の予約を午前9時から再開します。ホテルエミシア札幌の追加受け付けや優先接種枠からの調整でインターネット予約枠で約4450人、電話枠で約600人分を受け付けます。

 札幌市内のワクチン接種率は14日時点で、2回接種を終えた人が全体で42.9%、65歳以上の高齢者は84.9%となっています。

 政府は21都道府県に9月12日まで発令していた「緊急事態宣言」を「まん延防止等重点措置」に移行する宮城と岡山を除き、19都道府県で30日まで延長しました。

 北海道は札幌市、旭川市、小樽市、石狩地方を「特定措置区域」とし酒類を提供する飲食店へ「休業要請」、その他の地域の飲食店には「時短要請」とし、公共施設の休館、高校は午後4時で完全下校を継続。それ以外の区域での酒類の提供時間を30分緩和し、午後7時30分までとするなどの対策を決定し、協力を呼びかけています。

【8月20日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】
 8月20日:523(297):「まん延防止措置」旭川市に拡大
 8月21日:579(321):旭川市最多65人、デルタ株疑い最多373人(札幌も最多258人)
 8月22日:529(293)
 8月23日:420(253):月曜日で過去最多
 8月24日:426(220):旭川市過去2番目60人
 8月25日:568(289):旭川市過去最多83人、「緊急事態」拡大決定
 8月26日:504(285)
 8月27日:382(186):「緊急事態宣言」発令
 8月28日:457(274)
 8月29日:359(198)
 8月30日:266(134):24日ぶり300人下回る
 8月31日:305(170)
 9月 1日:351(173)
 9月 2日:314(189)
 9月 3日:251(147):1週間で2度目300人下回る
 9月 4日:224(110):前週から約半減
 9月 5日:218(142)
 9月 6日:123(78):41日ぶりに100人台、札幌市は2ケタに
 9月 7日:137(56)
 9月 8日:180(98):政府「緊急事態宣言」延長方針固める
 9月 9日:144(84):「緊急事態宣言」30日まで延長決定
 9月10日:117(51):「緊急事態」後で最少に(札幌も)
 9月11日:156(88)
 9月12日:116(58):「緊急事態」後で最少に
 9月13日: 55(46):「緊急事態」後で最少に(札幌も)
 9月14日: 91(51)