きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「このまま死んでいくと」孤独と不安の"自宅療養"…40度近い発熱で2週間 ホテルも病院も入れない生活

社会 くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 北海道では第5波のピークを超えたと見られるいまも、入院せずに自宅で療養する人が後を絶ちません。この状況は第4波のピークを超えた6月も同じで、当時は自宅や施設で療養をする人が、北海道全体で2000人を超えていました。

 感染者が減っても入院できるわけでなく、自宅で不安を抱えながら療養した男性が当時の厳しい状況を打ち明けてくれました。

自宅療養生活を送った男性

 自宅療養を経験 菅野 勝博さん:「ベッドの端の方に、2週間以上ずっと熱が高かったのでそのまま。このまま死んで行くとずっと思っていた」

 札幌市内に住む40代の男性。6月上旬に新型コロナウイルスに感染。40度近い発熱が2週間続き、過酷な自宅療養生活を経験しました。1人暮らしで頼れる人もいなく、たった一人で耐えた孤独な自宅療養生活。その実態とは…。

約40度の発熱が2週間続いた

 自宅療養を経験 菅野 勝博さん:「車で4人で出かけなければならなかった。時間にすると1時間30分ほど。夜9時ごろに1人から電話があり、体調が悪くて病院に行ったらコロナの陽性だったと。車に乗っていた全員が、濃厚接触者だと」

従業員の感染が判明し「濃厚接触者」に

 2週間以上の自宅療養生活を体験した菅野勝博さん(47)です。菅野さんは札幌市内で水産会社を経営し、従業員などと1時間30分ほど車で移動をしていた際、4人のうち1人の感染が確認され濃厚接触者となりました。

 その後40度近い発熱となり、救急車を呼びました。

40度近い発熱で救急車を…

 自宅療養を経験 菅野 勝博さん:「その場で測って、38度近い熱がでていた。(救急隊員は)それを見てくれているんですが 『申し訳ないけど』って…。救急隊の運びたいという気持ちはすごく伝わったんですが、医療機関がどこも受け入れしてくれないから」

 救急車を呼んだのは第4波の最中、6月上旬の土曜の夜でした。新規感染者はピークを超えても北海道内で200人を上回っていて、この夜診察してくれる病院はありませんでした。

救急車を呼んだのは「第4波」の最中

 週が明けた月曜日、ようやく発熱外来を受診し感染を確認。自宅療養となりました。

 自宅療養を経験 菅野 勝博さん:「ホテルでも病院でも空いていれば入りたいと保健所に話をしても、『いま満床なので本当に苦しくなったら救急車を呼んでくれればどこか入れる所があるかもしれません』としか回答されないんです」

 両親を早くに亡くした菅野さんは7年前に離婚。それ以来、一軒家に1人暮らしをしています。40℃近い発熱が2週間続いても、1人で耐えるほかありませんでした。

 自宅療養を経験 菅野 勝博さん:「全然動けないのと、もうろうとしてる感じはありますね。保健所の方は1日1回連絡をくれるんですが、朝の時もあれば夜8時になる時もあり、やっぱり出られない時もあるんです。両親も亡くなっていて、兄弟も家族もいない。誰が鍵を閉めているのに発見してくれるのだろうか…」

  • みんテレ