きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

北海道各地の東の空で「火球」か…新千歳空港では"約6秒"光る物体カメラがとらえる 稚内市と紋別市でも

友だち追加

 9月10日午後9時25分ごろ、北海道の東の空に火球とみられる大きな光が、南から北に向かって流れていく様子が見られました。

 UHBが設置している新千歳空港、稚内市、紋別市の3か所のカメラにも夜空に光が流れる様子が確認されました。

 現在は多くの流れ星や火球が見られる「流星群」が近づいている時期ではありませんが、新千歳空港では約6秒もの長い間、上空からゆっくりと明るい光が流れている様子が見られました。

 稚内市と紋別市では時折雲の影に隠れたとみられ、光の筋が消える現象もとらえられました。
 
 近年は監視カメラやドライブレコーダーの普及に伴い、火球が確認されるケースは増えているということです。

  • みんテレ