きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

北海道胆振東部地震から3年 犠牲者44人…厚真町で37人の故人しのぶ「すごく長かった」正午に黙とう

事件・事故 社会 友だち追加

 "最大震度7"の揺れを観測し、44人が犠牲となった「北海道胆振東部地震」から9月6日で3年です。

 大規模な土砂災害などで37人が亡くなった胆振地方の厚真町では、発生時刻に合わせ追悼する人の姿ありました。

 地震発生時刻の"午前3時7分"に手を合わせた厚真町の農業・伊部義之さん(53)。地震で仲間を失いました。

 伊部 義之 さん:「すごく長かった。せっかく助かった命。自分なりのかたちで恩返ししたい」

 小出 昌範 ディレクター:「厚真町吉野地区に設けられた献花台には、たくさんの花が手向けられています」

 大規模な土砂崩れが起きた厚真町の吉野地区では、土砂が一瞬にして住宅や水田を飲み込み、多くの犠牲者を出しました。

 同級生を亡くした人:「(3年経っても思いは)変わらないです。亡くなった人たちは帰ってきませんので、残っている人間が頑張って生きていくしかない」

 救助活動に従事した元自衛官:「被害にあった人の苦しい思いとか、たまに思い出すと胸が痛くなる」

 八木 隆太郎 キャスター:「この付近の住宅はほとんど見当たりません。人々の生活も上空から見られません」

 吉野地区に設置された献花台は6日まで設置されます。 

 厚真町では6日正午、犠牲者をしのび黙とうが捧げられます。

  • みんテレ