きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

重症化と死亡のリスク7割減「抗体カクテル療法」 医療崩壊防ぐ"切り札”となるか…今後の課題は供給量

社会 くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 緊急事態宣言下の北海道。医療ひっ迫への懸念が高まる中、新たな治療法「抗体カクテル療法」が注目を浴びています。特定措置区域に指定されている旭川市では大きな成果が出ています。

 旭川市保健所 浅利 豪 部長:「過去最悪の状況。正直まだピークが見えない」

 旭川赤十字病院 牧野 憲一 院長:「今は市内のどこにいても感染のリスクがある」

旭川市では医療ひっ迫への懸念が高まる

 旭川市では8月中旬から感染が急拡大し、8月25日には過去最多となる83人の新規感染者が確認されました。

 医療ひっ迫への懸念が高まっていますが、期待されているのが「抗体カクテル療法」です。

 抗体カクテル療法は患者の重症化と医療崩壊を防ぐ切り札となるのでしょうか?

旭川赤十字病院では26床中14床を使用(8月31日現在)

 新型コロナウイルス感染者を受け入れている旭川赤十字病院です。8月31日現在、26床中14床が埋まっていて、使用率は53.8%。日ごと使用率が上昇しています。

 旭川赤十字病院 牧野 憲一 院長:「8月の初めぐらいから、明らかに感染者が増えてきた。それがお盆になって倍以上に跳ね上がった。それに伴い、病床使用率も徐々に上がってきている」

2つの薬剤を混ぜて投与する「抗体カクテル療法」

 医療ひっ迫の足音が、すぐそこまで迫っています。

 そこで切り札として期待されているのが抗体カクテル療法です。「カシリビマブ」と「イムデビマブ」という2つの薬剤を混ぜ点滴で投与します。

 新型コロナウイルスは体内の細胞と結合し、細胞内に侵入して増殖します。抗体カクテル療法は2種類の抗体がウイルスと結合し、細胞への侵入を阻止するのです。

2種類の抗体がウイルスと結合し細胞への侵入を阻止

 中田 和樹 記者:「旭川市に5つある基幹病院のひとつ、市立旭川病院です。こちらでは7月下旬から、抗体カクテル療法を使用した治療を行っています」

 市立旭川病院では7月29日から抗体カクテル療法を行い、1か月間で42件の治療例があります。軽症や中等症で50歳以上や基礎疾患があるなど、重症化リスクの高い人が対象です。

 発症から7日以内の投与が効果的とされ、海外の臨床試験では入院や死亡のリスクを7割減らす効果があったとされています。

 市立旭川病院 柿木 康孝 医師:「68.2%の人に、2~3日で熱が下がるという効果が得られている」

  • みんテレ