きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

スイカに“異変”「記録的猛暑」で食卓に影響が…一方で値下がりした野菜も 今後どうなる?

友だち追加

 この夏、記録的な猛暑となった北海道内。私たちの食卓にも大きな影響が出ています。

 夏の風物詩に異変が起きる一方、例年より3割ほど安くなっている野菜も。何がお得なんでしょう?

お得な夏野菜も

 夏になるとオープンする札幌市手稲区の青果の直売所。この時期を楽しみにしているファンも多く、ひっきりなしに買い物客が訪れます。

 新崎 真倫 記者:「新鮮な夏野菜などが売られているこちらの直売所、今もにぎわいを見せていますが『スイカ販売終了』と書かれています」

 2021年は夏の風物詩「スイカ」に異変が起きているといいます。

 客:「スイカはもうないの?」

 店員:「もう終わりました」

 スイカがない! その原因は?

 まつもり農園 松森 ミネ子さん:「6~7月の雨不足と猛暑で、今の時期に出回るスイカは不作。この時期にないというのは初めて」

 例年は8月いっぱい販売するスイカですが、この夏の猛暑と雨不足の影響で思うように生育せず、8月10日に販売を終了しました。

「スイカ終了」

 客:「本当はスイカを買いに来た。まだあると思っていたのでびっくりした」

 客:「ここへ来て『スイカがない』と知った。毎年買いに来ている。甘くておいしいから。いつもより早くなくなっていて、びっくりした」

 この夏、札幌市では18日連続の真夏日となった上、3夜続けての熱帯夜。

 猛暑の影響は様々な野菜に及んでいます。札幌市北区のスーパーです。

 ホウレンソウや水菜などの葉物野菜が8月に入ってから高値が続き、例年より3割ほど高くなっています。

 猛暑で生育に影響が出ていて、市場に出回る量が少なくなっているといいます。その一方で…。

例年より3割ほど高い葉物野菜

 客:「買いやすい。子どもたちが野菜を食べるので、少しでも新鮮で安いものを探している」

 猛暑をものともしない家計に優しい野菜があるんです。

 こちらのスーパーでは夏野菜のトマトやピーマン、カボチャなどが例年と比べると3割ほど安くなっています。

 北海市場 斉藤 亮彦さん:「夏野菜なので暑さに影響されず、価格も下がってきた。トマトは気温が高いと良い影響がでやすい。おいしいトマトが増えている」

例年と比べると3割ほど安くなっている夏野菜

 夏野菜は暑さに強い上、雨が少なくても生育がいいといいます。

 特にトマトは、暑さで甘みが増すということです。

 現在、高値傾向にある葉物野菜も、天候が落ち着いてくる8月末から9月には価格も全体的に落ち着いてくるとみられています。

  • みんテレ