きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

子どもたちの「あたり前の日常生活」取り戻す…コロナ禍の教育現場の取り組み

コラム・特集 友だち追加

 北海道内の一部の小中学校では8月17日から2学期が始まりました。コロナ禍で様々な制約があるなか、教育現場ではコロナについて学び、日常を取り戻そうという取り組みが行われています。

 「マスクをね 取ってしゃべると 感染だ」

 「味がない 味がなければ コロナかも」

子どもたちがコロナについて考えた“かるた”

 子どもたちがコロナについて考えた“かるた”です。

 美唄市立東小学校 村越 含博 教諭:「コロナについて知ることで、過度な不安はきっと抑えられるだろうと思った」 

 子どもたちはコロナについて何を不安に思い、過ごしているのでしょうか。それを解消するための取り組みとは?

 美唄市立東小学校の教諭、村越含博さんは2020年6月から2021年2月にかけて、当時担任を務めていた3年生に向けてコロナについて考える授業を行いました。

村越教諭はコロナについて考える授業を行った

 美唄市立東小学校 村越 含博 教諭:「知らないことが、すごく不安になってしまっていると思っていた。コロナを知ることで不安のままにしておかない。子どもたちは考えて行動できるだろうとの思いで授業をやっていた」

 感染経路や症状などを調べたり、感染の危険性について話し合ったりしました。授業を通して不安を共感し、考え方に違いがあることも学びました。

感染経路などを調べる授業も…

 美唄市立東小学校 村越 含博 教諭:「話し合うことで相手の立場を考えながら、どう生活していったらよいか見えてくる」

 2学期が始まっても、学校生活には依然として様々な制約があります。

 北陸の富山市では、教育と医療が連携する「富山スタイル」で子どもたちの日常を取り戻す取り組みが進められています。

富山市では教育と医療が連携して子どもたちの日常を取り戻す取り組みが…

 富山大学付属病院 小児科 種市 尋宙 医師:「登下校と運動時にマスクを外すこと。てんびんにかけたときに、どう考えてもコロナより熱中症の方が危険」

 富山大学付属病院小児科の種市尋宙医師です。富山市の新型コロナ対策検討会議で座長を務め、小中学校の感染対策の緩和に取り組んでいます。コロナ禍の子どもたちの体や心への影響が危惧されるからです。

  • みんテレ