きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

孤立する"ヤングケアラー" 18歳未満の子どもが家族の"介護・世話"する現実 求められる支援とは?

コラム・特集 友だち追加

 家族の介護や世話をする「ヤングケアラー」と言われる子どもたち。状況を周囲に話せず孤立する中、求められている支援とは…。

 札幌市の高校生、凌大君(18)。

 精神疾患のある母親と暮らしています。

 家は母子家庭で、姉の瑠南さん(21)や兄と協力して、家事や母親のケアを担ってきました。

札幌市の高校生 凌大君(18)

 瑠南さん:「基本的なのは洗濯や掃除。母親の調子が悪い時には、病院に付き添ったりとか」

 家族の介護や世話をする18歳未満の子ども、ヤングケアラー。

 大きな課題が「孤立」です。

 凌大君:「話せない。うつ、自殺という単語を出さなきゃいけなくなるので、やっぱり話しちゃダメなんだと思っていたので…」

 子どもたちの小さなSOS。どうしたら受け止めることができるでしょうか。

 元ヤングケアラーの瑠南(るな)さん。

元ヤングケアラーの瑠南(るな)さん

 精神疾患のある母親に代わりに家事をするようになったのは小学生の時でした。

 瑠南さん:「私が小学2年生のころから、うつの症状とかもひどくなり、最初のころは薬の治療もなかなか合わず、自傷行為をしたり入院したりということが結構ありました」

 母子家庭ですが、母親は状態が悪い時は起きることができませんでした。

 瑠南さんが2人の弟と家事を担当しました。

兄弟で家事を分担

 瑠南さん:「洗濯、掃除。調理、ごみ捨て。それにプラスで母親が調子が悪い時は病院に付き添ったりとか、自傷行為をしそうなときには危ないものを隠したりしていました」

 ヤングケアラーが担当するのは、買い物や料理などの家事のほか、入浴やトイレの世話などの介護です。

買い物や料理などの家事のほか入浴やトイレの世話などの介護を行う

 4月に公表された国の実態調査では、中学生は17人に1人、クラスに2人の割合でいることが分かりました。

 ケアをする時間は1日平均4時間ほどですが、7時間以上という生徒も1割ほどいました。

クラスに2人の割合で「ヤングケアラー」はいる

 瑠南さんは病院に付き添い、そのまま学校に行くこともあったといいます。

 瑠南さん:「自傷行為をするのは夜中が多いので、病院に連れて行き、自宅に帰るのは朝方ということが多いので。その状態で学校に行かないといけない」

 瑠南さんの母親は取材に「情けない、子どもたちに申し訳ない」と語りました。

 国の調査では、ヤングケアラーが孤立していることも明らかになりました。

 「ヤングケアラーであることを相談した経験がない」という生徒が、中高生ともに6割を超えました。

  • みんテレ