きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

“スズメバチ”の被害増加 別名「毒のカクテル」の恐怖…襲われないためには もし刺されたら

友だち追加

 子ども達の夏休みもそろそろ終盤ですが、屋外で遊ぶ機会が多いですよね。

 この時期、増加するのがハチに刺される被害です。場合によっては命にかかわることも。

 どのように身を守ればよいのでしょうか?

 ハチの中でも大型で攻撃性の高いスズメバチ。

スズメバチの巣

 その毒は様々な成分からなり、別名「毒のカクテル」とも。

 刺されるとアナフィラキシーショックを起こしたり、最悪の場合死に至ることも。

 コロナ禍の夏。密を避け、屋外で家族だけで自然を満喫する人が増えています。

この時期注意しなければならないのが、スズメバチなどハチによる被害です。

 アウトドアを楽しむ人:「ハチが近くまできて怖かった」

 アウトドアを楽しむ人:「虫よけスプレーなどを持って行こうかと思う。スズメバチのようなハチがいたので」

 アウトドアを楽しむ人:「少し怖かった」

 札幌市によると、毎年7~9月にかけ被害が集中し、中でも8月は20件以上に上ることも。

7月から9月にかけて"ハチ"による被害が急増

 なぜ、この時期に集中するのでしょうか? 専門家に聞きました。

 北海道ペストコントロール協会 高橋 健一 学術顧問:「この時期は、巣の中で来年に向け新女王や雄バチが育てられている。ハチにとって重要な時期で敏感になり、攻撃性も高まっている」

ハチにとって「重要な時期」…より攻撃性が高まる

 夏は巣がもっとも発達する時期で、その中には約500~1000匹のスズメバチがいることも。

 刺されないためには、どうしたらよいのでしょうか?

 北海道ペストコントロール協会 高橋 健一 学術顧問:「巣に絶対に近づかない。刺激を与えない。大声を出す、足音を立てる、集団でそばを通るのも刺激を与えてしまい、襲われる原因となる」

巣を見かけたら絶対に近づかない

 ハチが攻撃的になる黒い色の服を避けることや、ハチを引き寄せる香水や整髪料を控えることも効果的です。

黒い服や香水や整髪料を控えることも対策になる

 それでも刺されてしまった場合は?

 北海道ペストコントロール協会 高橋 健一 学術顧問:「刺された場所を水などで冷やす。その上で、医師の診断を受けることが大切」

 刺された場所を冷やすことで血管が収縮し、毒素が回りにくくなるといいます。

  • みんテレ