きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

"観戦自粛"のはずが…コース沿道に"人だかり" 東京五輪の競歩 札幌駅前通りの飲食店は…

社会 友だち追加

実はオフィスビルは「特等席!?」

 (社員同士の会話):「競歩はここぐるぐる回るらしいので、延々と見られる」

 :「え~!」

 Q:仕事になりそうですか?
 :「ちょっと見に来ちゃうかも」

 沿道での観戦自粛が呼びかけられる中、職場から観戦できるのは沿道で働く人の特権です。

 競技開始30分前、スタート地点のすぐそばに建つビルの飲食店には、競技前から多くの客が集まってきていました。

 客は:「競技がたまたま見られるということで、こんな機会めったにないので…」

 一方、競歩の影響で札幌市中心部は5日午後1時30分から通行規制となりました。

中心部では「通行規制」

 札幌市の市電にも影響が…

 鎌田 祐輔 記者:「午後1時35分、交通規制が始まりました。オリンピックのスタッフがどんどん道を封鎖していきます。市電のレールも競技に影響が出ないよう(ゴムのようなもので)、次々とふさがれていきます」

 札幌市電は8月5日午後7時30分ごろまで駅前通での運行を中止し、折り返し運転を行っています。

 8月6日は競歩の男子50kmと女子20km、8月7~8日は男女マラソンもある札幌市。

 観戦自粛と感染対策をどう両立させるのでしょうか?