北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

2か月ぶり300人超…マラソン・競歩「私だけ大丈夫と考えず観戦自粛を」入院基準変更で"不安"の声も

社会 くらし・医療 友だち追加

 2か月ぶりの300人台。危機感が高まっています。北海道内では8月4日、新たに364人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

 感染が再拡大する状況に、鈴木知事はUHBの取材に応え、改めて東京オリンピックのマラソンと競歩の沿道での観戦自粛を呼びかけました。

 鈴木 直道 北海道知事:「いま国内最大の感染の波になっている状況で、北海道は『まん延防止等重点措置』が適用されている。大変厳しい措置が求められていることをご理解いただいたうえで、おうちでご家族とテレビで応援ということでアスリートを応援していただきたい」

 鈴木知事は2日UHBの取材に応じ、8月5日から始まる東京オリンピックのマラソン・競歩に、改めて沿道での観戦自粛に協力を求めました。

 鈴木 直道 北海道知事:「私だけいいのではないか、とか屋外競技だから大丈夫じゃないかという方が例えば100人、1000人、1万人いると、皆さん集まってしまう」

 1人1人が強い警戒感を持つことが重要だとしました。さらに、沿道の対策については…

「観戦できないエリア」も設定される

 鈴木 直道 北海道知事:「侵入ができない立ち入り禁止エリアや、重点対策エリアなども設けられていますので、観戦できると思っている方がいたら、難しいということを知っていただく必要がある」

 北海道内では8月4日、新たに札幌市で242人、石狩地方で25人などあわせて364人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。 

 北海道は4日対策本部会議を開き、30代以下の若年層を中心に感染拡大に歯止めがかかっていないとして、感染防止対策の徹底を指示しました。

 鈴木 直道 北海道知事:「特にこれから3連休、夏休み、お盆と感染リスクが高まる。まさに正念場になる」

 北海道内の感染再拡大。「第5波」の対策は正念場を迎えています。

約2か月ぶりに300人台に達した北海道

 北海道内で1日300人以上の感染者が確認されたのは、6月以来約2か月ぶりです。

 当時と比較すると、入院患者数は800人規模でしたが、8月3日現在は529人となっていて、死者数も少ない状況が続いています。

 この状況を北海道科学大学の秋原志穂教授は、「高齢者にワクチンがある程度行き渡っていて、入院や重症化、死者が少ないことにつながっているとみられるが、感染者数が増えると相対的に増えるので安心はできない」と話します。

「入院基準」これまでと変更

 国は入院の基準を変更しました。

 従来:「重症化リスクが高い」場合→原則入院

 今後:「重症者+特に重症化リスクが高い場合」に重点化→入院以外は自宅療養を基本に

 秋原教授は、「重症化リスクが高い場合の基準が明確でなく、現場に混乱が生じる可能性があり、中等症で入院が必要な人もいるので不安は残る」と指摘しています。

  • みんテレ