きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

トレーラーが歩道乗り上げ 道路脇の斜面に突っ込む 運転手は死亡 強いブレーキ痕"なし" 詳細確認中

事件・事故 社会 友だち追加

事故があった現場(北海道登別市、8月2日)

 8月2日、北海道登別市でトレーラーが路外にはみ出して道路脇の斜面に突っ込み、運転していた男性が死亡しました。

 事故があったのは登別市登別本町の市道です。

 8月2日午前10時30分ごろ、登別市の市街地方向に走行していた約11トンのトレーラーが、反対車線を越えて歩道に乗り上げ、道路脇の斜面に突っ込みました。

 この事故で、トレーラーを運転していた60代くらいの男性が頭を打つなどしていて、心肺停止状態で病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。

 警察や消防によりますと、トレーラーの男性は当時、産業廃棄物を運搬する業務の帰りだったとみられています。

 現場は片側1車線の緩やかな左カーブで、同乗者はおらず現場にブレーキを強くかけたような痕は残っていませんでした。

 警察は男性の運転操作のミスや病気が事故の原因となった可能性があるとみて、当時の状況を詳しく調べています。

  • みんテレ