きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

鈴木北海道知事「危機感が伝わらない」“まん延防止”対策開始前に… 北海道新型コロナ266人感染

社会 くらし・医療 友だち追加

 鈴木直道北海道知事は全国知事会で、感染拡大への危機感が国民に伝わらないことに警鐘を鳴らしました。

 鈴木 直道 北海道知事:「(感染拡大の)危機感がなかなか伝わらないのが課題。国民の協力が得られないと過去最大の危機になる」

 鈴木知事は8月1日、全国知事会のオンライン会議で、新型コロナウイルスの全国的な感染拡大に対し、国民に危機感を共有するメッセージを掲げることで都道府県間の移動自粛の協力への意識が高まると述べました。

 北海道内は札幌市を対象に8月2日から31日までまん延防止等重点措置の対策が始まり、札幌市内の飲食店には午後8時までの時短営業と酒類の終日提供自粛を求めます。

 一方、北海道内では8月1日新たに札幌市の162人を含むあわせて266人の感染が確認されました。