きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

熱海市を襲った「土石流被害」 いまだに5人が行方不明…北海道から捜索隊派遣も

コラム・特集 友だち追加

 静岡県の熱海市を襲った土石流。22人が死亡し、いまだ5人の行方がわかっていません。

 捜索には北海道警の警察官も派遣されました。

 現場で何が起きているのか、UHB 北海道文化放送の記者が見た被災地の現状です。

 7月3日、静岡県熱海市で発生した土石流。

 記録的な大雨で盛り土が崩れ、大量の土砂が住宅や車を襲いました。

静岡県の熱海市を襲った土石流

 土井 若楠 記者:「熱海市伊豆山地区の現場です。2階建ての1階部分が土に埋まった住宅の近くで、大勢の消防隊員がスコップで土をかきだしています」

 記者が被災地に入ったのは、土石流の発生から11日目。

 重機で土砂やがれきを取り除く作業が本格化したころでしたが、手作業での行方不明者捜索も続いていました。

手作業での行方不明者の捜索も続く

 捜索隊は全国の警察、消防、自衛隊など約1300人。その中には北海道警の隊員の姿もありました。

 北海道警 警備隊 釣谷 毅 大隊長:「真夏の活動になるので熱中症対策が重要。新型コロナ対策など、今までの現場より神経を使う部分は多い」

北海道警の隊員も捜索に

 強い日差しが照りつける中、約110人の北海道警の隊員が、ぬかるんだ土砂に足をとられながら懸命な捜索を続けました。

 これまでに22人が亡くなり、5人の行方がわかっていません。

 熱海市消防団 松広 富成さん:「避難誘導の訓練はしていたけれど、まさか本当に災害が起こるとは誰も思っていなかった。何をやっていいかわからないのが正直なところ」

 あの日を振り返り、複雑な心境を明かす熱海市消防団の松広富成さん。

複雑な心境を明かす熱海市消防団の松広さん

 土石流発生の一報を受け、いち早く現場に駆け付けました。

 熱海市消防団 松広 富成さん:「第一波の後に詰め所に行って招集をかけた。土砂で道路が分断されていたので、分かれて活動していた」

 土石流が何度も直撃した消防団の詰め所は、1階部分が土砂で埋まり、止めてあったポンプ車は屋根がわずかに見えるだけ。

  • みんテレ