きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

静かに人気 美しい「花手水」ここにも…札幌諏訪神社で"涼"感じる【動画 見て涼む 北海道ひんやり旅】

コラム・特集 友だち追加

 涼しい映像で暑さを和らげる企画「見て涼む 北海道ひんやり旅」です。

 今回は、花手水が涼し気な札幌諏訪神社です。

 札幌市東区の札幌諏訪神社。境内に入ると風鈴の音が涼し気に響いています。

札幌諏訪神社

 いま、静かな人気なのが「花手水(はなちょうず)」

花手水

 札幌諏訪神社 北方 宏和さん:「花手水で人々を癒やすというニュースに感銘を受け、当社でもできるかなと思い始めたのがきっかけです」

花手水で人々を癒す

 札幌諏訪神社 北方 宏和さん:「風鈴は、涼を感じていただきたいですし、傘や提灯は花以外にも見て楽しんでいただければと思い、つけました」

風鈴・傘・提灯で「涼」を

 桶の水におみくじを浸し、文字がじわじわと浮かび上がってくる「水みくじ」。運を占うのも夏仕様です。

水みくじ。おみくじも夏模様

 4連休に行われた「花詣」。

花詣を開催

バラ、キク、アジサイで日の丸を描きました。

花手水で「日の丸」を

 神社に来た子ども:「きれいだった。(水は)気持ちよかった」

浴衣を着て花手水で涼む子どもの姿も

 花手水は、疫病を払う「アマビエ」が見守っています。

見守るアマビエ

 撮影:森下航太

 日の丸の形をした花手水は7月31日まで飾る予定で、8月1日からは七夕をイメージしたものに代わります。