きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

鮮やかな映え"2500本のアジサイ" 水路一面に浮かぶ 松前町【動画 見て涼む 北海道ひんやり旅】

コラム・特集 友だち追加

 少しでも、暑さを忘れていただく「見て涼む 北海道ひんやり旅」。

 今回は、北海道南部の松前町の「浮き紫陽花(アジサイ)」です。

 「カチン、パチン」

 作業する女性:「2022年の花芽を残しておきました」

 松前観光協会 松村 忠司さん:「アジサイって剪定(せんてい)が必要な花なので、2020年も2021年もものすごく天気が良くて、雨が降らないのでアジサイにとっては良くない環境なんですよね、水に浮かべると、しおれてた花が元気になったりします…」

2500本のアジサイを水路へ

 松前藩屋敷。2500本のアジサイを水路へ放ちます。 

 2020年、新型コロナウイルスの影響で『あじさい祭り』は中止になりました。

松前観光協会が始めた「浮き紫陽花(アジサイ)」

 代わりに松前観光協会のスタッフが『浮き紫陽花(アジサイ)』を考案しました。

今後は町の風物詩に…

 松前観光協会 松村 忠司さん:「夏に何かできないかという事で、涼を楽しんでもらおうと思って、じゃあやってみようという話になったんですよ、そしたら(2020年)若い人を中心にたくさん見にきてくれて、今後、町の風物詩にしようと」

水に浮かべるとアジサイも元気に

 訪れた人:「今はコロナで中々どこへも行けなくて、家にいるばっかりだったから、子ども連れて観にこられて、すごく良かったなと思ってます」

 訪れた人:「インスタ映えかな。夏っぽいですね」

 訪れた家族:「とてもカラフルで、心が癒されました」「きれいだよね」「色味も青くて、涼しげな感じがしますね」

 7月24日、1日限りのライトアップに歓声が上がります。

1日限りのライトアップも

 ライトアップを見た子ども:「お花の海ー。青、赤だー」

多くの人がライトアップしたアジサイに見入った

 「浮き紫陽花(アジサイ)」は8月1日まで見られるということです。

  • みんテレ