きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

北海道新たに138人感染で4日連続100人超 ワクチン接種後"モデルナ・アーム"になったらここに注意

社会 くらし・医療 友だち追加

 北海道内のデルタ株感染疑いは400人を超えました。 

 北海道内では7月27日、新型コロナウイルスの新たな感染者が138人確認されました。またインド型変異ウイルス・デルタ株の感染疑いは、過去最多の65人が確認されています。

 北海道内では7月27日、新型コロナウイルスで札幌市の患者1人が死亡し、新たに札幌市で75人、石狩地方で13人など計138人の感染が確認されました。

 札幌市ではススキノのホストクラブで従業員6人が感染するクラスターが確認されています。

 石狩振興局内の飲食店で、経営者と利用客5人の計6人が感染するクラスターも確認されています。

 感染力が強いとされるインド型変異ウイルス・デルタ株は札幌市で過去最多の53人が確認されるなど、北海道内で新たに65人に感染の疑いがわかり、これまでの合計は403人となりました。

 最初の確認からわずか1か月で400人を超えました。

 一方、人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は北海道内で15.9人となり、まん延防止等重点措置の目安となる15人を2日続けて上回りました。

 また、札幌市は29.15人となり緊急事態宣言の目安の25人を超え、感染再拡大が続いています。

第4波と第5波ではデータに違いが。その理由は?

【第4波と5波の違いについて】

 第4波というのは5月中旬ごろでした。北海道全体で感染者700人を超える大きな山がありました。ここから比べると新規の感染者数は100人台ですので、さほど大きな山には見えませんが、今の状況は、第4波で感染が拡大する前のゴールデンウイークにとてもよく似ています。

 青い折れ線グラフが入院患者数で、7月26日現在で398人います。第4波に比べても明らかに低い数字になっています。

 さらに死者をグレーの折れ線グラフで示していますが、最近は死者がゼロの日もあるなど、第4波のころとは違っています。

 この違いについて、とよひら公園内科クリニックの藤本晶子院長は「ワクチンの効果、それに尽きるのではないかと思います。私たちのクリニックの患者さんでも発熱外来は少ないですし、陽性の方も出ていませんので、体感的には、3月下旬くらいの感じです」と話します。

  • みんテレ