きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「包丁を向けられた」逆恨みか 同じ下宿の男性の居室ドア 金属パイプで壊す 63歳男を逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

男を現行犯逮捕した北海道警東署

 同じ下宿に住む男性の居室ドアを金属製のパイプで殴り壊した疑いで、無職の男が器物損壊の容疑で現行犯逮捕されました。

 逮捕されたのは、札幌市東区に住む無職の男(63)です。

 男は10月18日午前1時ごろ、自分が住む下宿内で、別の男性が住む居室ドアを、衣類を保管するハンガーラック内から取り外した金属製のパイプでたたき破損させました。

 男は前日17日の夕方から夜にかけて2回、被害男性ともめ事を起こしており、男性がその都度、警察に通報し警察官が駆け付けていました。

 この事件で男性にけがはありません。

 調べに対し男は、被害男性に「包丁を向けられたのを思い出して腹が立ってやった」と罪を認めていますが、調べでは被害にあった男性が包丁を差し向けられた事実はないということです。

 警察は男の動機などを詳しく調べています。

  • みんテレ