きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

庭の「コンポスト」壊され近くにクマの足跡…女性襲われ死亡した現場から約5キロ 警戒続く 北海道福島町

事件・事故 社会 友だち追加

クマへの警戒を呼びかける北海道警松前署

 7月2日にクマに襲われた女性の遺体が見つかった北海道南部の福島町で、住宅の庭に置いていた生ごみから肥料を作るコンポストが壊されているのが見つかり、警察はクマによるものとみて、警戒を続けています。

 コンポストが壊されているのが見つかったのは、北海道福島町吉野の住宅の庭です。

 24日午前7時30分ごろ、住人の男性がコンポストが横に倒されつぶされているのを見つけ、約20分後に110番通報しました。

 コンポストは上から強い力を加えたとみられ、元々の場所から数メートル動かされていたほか、付近に長さ10センチほどの足跡が見つかり、地元のハンターがクマのものと確認しました。

 福島町では7月2日に、山林で77歳の女性の遺体が発見され、専門家の調査などから「クマに襲われた可能性が極めて高い」ことを確認し、駆除することを決めています。

 女性を襲ったクマと同じ個体かは不明ですが、遺体発見現場と、今回のコンポストが壊された場所は約5キロの距離で山がつながっていて、警察などは住民へ注意を呼び掛けるなどして警戒を強めています。

  • みんテレ