きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

いじめ 不登校を経験 北海道の大自然の中で出会った"新しい自分" 日高高校の生徒たちは地元住民の希望

コラム・特集 友だち追加

 北海道日高町に全国から生徒が集まる学校があります。夜間定時制の町立日高高校です。

 なぜ子どもたちは日高を目指すのか。そこには他にはないユニークなカリキュラムと、温かい寮の存在がありました。

 北海道日高地方の夏ー。大自然のなかで学ぶ高校生たちがいます。

 (沙流川に飛び込む生徒たち)
 「ロープ!」

 夜間定時制の日高町立日高高校。ユニークなカリキュラムにひかれて、全国から生徒が集まります。

定時制日高高校ではユニークなカリキュラムで学べる

 関口 佑さん(1年):「地元は埼玉です」

 都会を離れ、ここで新しい自分を見つけようとする女子高校生。

 矢田 眞白さん(2年):「中学2年生の終わりくらいから少しずつ(学校に)行けなくなって。(新しい環境に)思いっきり飛び込んだ感じ」

 学校のもう一つの魅力が、大家族のような寮生活です。母親代わりの寮母さん。

 寮母 三浦 和子さん:「どれぐらい愛することができるのかが、自分に課せられたもの」

 挑戦する子どもたちと見守る大人が紡いだ、夏の物語です。

 (朝、各部屋の戸をたたいて回る)
 男性生徒:「飯(めし)!」「(Q.起こすのは毎朝の日課?)いつもです」

 日高高校の学生寮。 

 夜間定時制の学校が始まるのは午後5時すぎですが、生徒たちは朝からある場所に向かっていました。

 福本牧場の関係者:「よろしくお願いします」

 生徒たち:「お願いします」

 授業が始まる前に行われるのが、日高町の教育委員会が主催する体験学習、「産業学習」です。 

町の教育委員会が主催する体験学習「産業学習」が行われる

 この日はプロのカメラマンの指導を受けながら、写真の技術を学びます。

 こちらは沙流川を利用して救助方法を学ぶ時間。 

 高校のモットーは、昼は大自然で学び、夜は学校で学ぶ。 

 子どもたちは産業学習を通じて、アウトドアガイドやスキーの資格取得を目指します。

 この産業学習も学校では単位に認定します。 

 全校生徒は26人。ユニークなカリキュラムにひかれて全国から生徒が集まります。

 矢田 眞白さん(2年):「こう見る景色とファインダーをのぞいて見る景色が、同じだけど違う」

 産業学習で写真を学ぶ2年生の矢田眞白さん、16歳。