きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「古着」から北海道の未来を…資源をつなぐ女子高校生の挑戦 老舗菓子メーカーも協力し"お結び巾着"完成

コラム・特集 友だち追加

 古着やペットボトルを再生して作られたリサイクル製品の巾着。先日北海道札幌市の高校で行われた学校祭で、お菓子を詰めて販売され大好評となりました。

 そこには高校生自らが未来を見つめ、挑戦する姿がありました。

 市立札幌藻岩高校「第47回学校祭」。販売している、可愛らしい巾着をプロデュースしたのは、女子バレー部の有志7人です。

可愛らしい巾着をプロデュースした女子バレー部の有志7人

 藻岩高校3年 朝倉 愛葉さん:「回収した服で、持続的な社会に向けてアクション起こしたい」

 高校生:「かわいい~」

 藻岩高校3年 館田 梨奈さん:「おむすびは、高校生にとって身近な食べもの」

 ネーミングは「おむすび巾着」。製品化されたデザインには、北海道への大きな愛が描かれていました。

「おむすび巾着」

 市立札幌藻岩高校女子バレー部。

 3月、新3年生にとって残り3か月を切った活動に力が入る中、傍らでストレッチをしているのは朝倉 愛葉さん。

藻岩高校3年 朝倉 愛葉さん

 試合中に靭帯を損傷し、まだまだ皆と一緒に練習はできません。

 でも、バレーボールと同時にもう一つ大きな学校祭のプロジェクトに取り組んでいました。

 きっかけは、2020年秋に行われた学校祭。コロナ禍で規模が縮小したものの、行われた講演会で「古着が日本中に溢れている」こと、これを再利用して商品化する技術が日本にあることを知ったのです。

 藻岩高校3年 朝倉 愛葉さん:「服の廃棄の事実を私たちが知らなかった」

 日本で年間100万トンもの古着が捨てられていることを知ってほしい。

 交流のある中学生に協力を呼びかけました。

 藻岩高校3年 朝倉 愛葉さん:「思っていたよりたくさんの古着を持ってきてくれた」
 
 集まった古着は車1台では運びきれないほど。

中学生からたくさんの古着が集まった

 これをどんな形に再生させるか、循環型社会を目指す札幌の「テックサプライ」に持ち込み、協力を求めました。

 藻岩高校3年 朝倉 愛葉さん:「高校生としてアクションするからこそ、意味があるものになると思う」

 例年、学校祭は高校以外から多くの人が訪れるため、古着の現状を知ってもらうには絶好の機会です。 

 それを成功させるため「SDGsクエストみらい甲子園」という大会に出場することを決めました。

 古着の現状とリサイクルの重要性をまとめ、ビデオで発表。高い評価を得ることができました。