きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「極辛料理」で暑い夏を吹き飛ばせ!ネパールカレーに水煮魚? …世界の"激辛グルメ" 札幌で旅行気分

くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

札幌市中央区の「一条まるふじ」

 店で現在、行っているのが…。

 一条まるふじ 白木 孝易 料理長:「GOTO四川という本場の四川料理を楽しむ企画をしています」

 辛い四川料理で、暑さを乗り切ろうというイベントです。

 このイベントで最も辛いのは「水煮魚」と呼ばれる魚の煮つけ料理。 

「水煮魚」と呼ばれる魚の煮つけ料理が辛い!

 唐辛子は日本産、韓国産、それに中国産をブレンドしたものですが、中でも中国産の唐辛子「満天星」は、四川料理では最も辛いといわれる品種です。 

 さらにしびれる辛さの四川省産青山椒をふんだんにまぶした上に、熱々の油をかけて完成させます。

日本・韓国・中国産をブレンドした唐辛子を使用

 一条まるふじ 白木 孝易 料理長:「お待たせしました。水煮魚です」

 安野 陽介 ディレクター:「これ赤いの通り越して黒いですよね?」

 四川省の激辛料理「水煮魚」、果たしてその辛さは…。

 安野 陽介 ディレクター:「(食べて)う~ん!思ったより辛くないですよ。まひするような山椒の辛さが強いですね」

 しかし余裕でいられたのもつかの間。顔中から汗が…。

 安野 陽介 ディレクター:「おいしい。けどなんだかんだいって辛い。いや辛い!」

 後から襲ってくる満天星の火を噴く辛さ。しかし辛さの中にも、青山椒の爽やかな風味を感じスプーンが止まりません。

 安野 陽介 ディレクター:「ごちそう様でした。すっきりしますね」

 食後の爽快感は万里の長城に吹く風のようだったということです。