きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

コロナ禍の"学校祭"スタイルは? キッチンカー9台ずらり「グルメマルシェ」フードロス削減もテーマに

コラム・特集 友だち追加

 7月21日、札幌市内の高校で2年ぶりに学校祭が開かれました。「グルメマルシェ」と題した、新しいスタイルの学校祭です。

 北海道札幌厚別高校の「厚高祭」。

2年ぶりの開催となった「厚別高校」の学校祭

 各クラスによるステージ発表は体育館ではなく、屋外です。2020年はコロナの影響で中止となったため、2年ぶりの開催です。 

 メイン会場は校舎の前にずらりと並んだ9台のトラック。すべてキッチンカーです。

「キッチンカー」が学校祭に駆け付けた

 感染症対策から生徒による模擬店は行わず、「あつこうグルメマルシェ」と題して、業者に依頼しました。

 生徒:「衣がサクサクでおいしい」

 生徒:「マリトッツォ買いました」

 生徒:「(キッチンカーが来るのは)新しいと思うので、これからもこういう形でやって欲しい」

 キッチンカーに貼られたポップは、この日を心待ちにしていた生徒たちの手作りです。

 やきとり竜鳳 郷頭 正彦さん:「力作ばかりで、やる気が出ます。ずっとこうしたイベントがなかったので久しぶり」

 カリーハウスコロンボ 栗生 和典さん:「お店自体も営業の時短要請などもあるので、イベントに参加させてもらえるのは大変ありがたい」

 値段は100円、300円、それに500円。高校生でも買いやすい価格に設定されました。

 グルメマルシェを企画した厚別高校 佐々木 龍先生:「学校祭の中で、食事というのは、生徒はすごく楽しみにしている。今回キッチンカーに来ていただいてグルメマルシェというのを開催したらどうかということになりました」

食事を楽しみにしている生徒のために「グルメマルシェ」を開催

 生徒:「学祭を中止にした学校の方が多い中、キッチンカーの皆さんが協力して、私たちの学祭を盛り上げてくれようとしているのは、とてもうれしい」

 一般公開はせず、開催も7月21日の1日だけでしたが、2020年はできなかった学校祭の思い出を、生徒たちは心に刻んだようです。

 しかし、コロナ禍でのイベント開催はいつでも中止される可能性がありました。
 
 そこで万が一、イベント中止の場合でも食品ロスを防ごうとタッグを組んだ相手が「プラスフード」の事務局です。 

「食品ロス」をなくす取り組みも

 プラスフードは飲食店などで余った食材や料理を定額料金で会員に斡旋するサービスを行っています。

 「プラスフード」事務局 田尻 敏憲さん:「中止になった場合、事前に準備していた食材などがありますので、それが行き場を失ってしまう。そうすると、店の方で出品をしてユーザーさんがとりにくる形で、ロスをなくす」

 突然の中止も見据えた、食品ロス削減への取り組み。 

 こうした学校祭のあり方は、アフターコロナの時代が来ても引き継がれるべきなのかもしれません。

  • みんテレ